.htpasswd file generation

.htpasswd ファイル作成

Basic認証での認証の際に使うパスワード生成ツールです。
生成されたテキストをそのまま.htpasswdファイルに貼り付けてご利用ください。

ID:
Password:

使い方

IDとPasswordに任意の半角英数字を入れて「生成」ボタンを押してください。
.htpasswdというファイルを新たに作成し、出力されたテキストをコピー&ペーストしてください。

ベーシック認証(Basic認証)とは

Webサイトの閲覧に使うプロトコル「HTTP」が備える、最も基本的なユーザ認証方式。
アクセスの制限されたWebページにアクセスしようとすると、Webブラウザでユーザ名とパスワードの入力を求め、サーバでアクセスを許可しているユーザに一致すると、ページを閲覧することができる。

.htaccessとは

ApacheなどのWebサーバで使用できる、Webサーバの動作をディレクトリ単位で制御するためのファイル。
具体的には、CGIやSSIなどを実行するための宣言(命令)や、拡張子ごとにファイルタイプを指定するMIMEタイプの設定、ユーザ認証、IPアドレスやドメイン単位でのアクセス制限などを書き込むことができる。(このファイル名は変える事が出来ません。)

.htpasswdとは

.htpasswdとはユーザIDやパスワードを決まった記述方法で記述し.htaccessと合わせて利用することによってアクセス制限をかける為のファイルのことをさす。
(ファイル名は、何でもかまいません。通常.htpasswdを使用します。)

.htaccess使用したアクセス制限の方法

以下の2つのファイルをテキストエディタなどで作成して、FTPでサーバーの該当ディレクトリに転送する必要があります。

  1. .htaccess
  2. .htpasswd

.htaccess を置いてあるディレクトリー以下にある全てのファイルがアクセス制御されます。
以下は、.htaccessファイルの例です。

  1. AuthType Basic
  2. AuthName "Input your ID and Password."
  3. AuthUserFile /home/ドメイン名/フォルダ名/.htpasswd
  4. require valid-user
■AuthType
認証方式の指定。ベーシック認証なら「Basic」、ダイジェスト認証なら「Digest」と指定。
■AuthName
認証画面に表示されるメッセージ。基本的に日本語(全角文字)はさけ、半角英数字を記入。
■AuthUserFile
作成済みのパスワードファイルを指定。
■require
アクセスを許可するユーザーを指定。「valid-user」とは、パスワードファイルに含まれるすべてのユーザーに許可することを意味する。

以下は、.htpasswdの例です。
1行に認証する1ユーザーを以下のように記述します。
『ユーザー名 :エンコードされたパスワード』
こちらは上記ツールを使い、作成してください。

  1. luft:fbetSXZTBvXSM

2つのファイルを制作したらFTPソフトを使用して所定の場所にアップロードします。
これで、ディレクトりにアクセス制御が掛かります。

※このプログラムはPHP5.2.6にて作成、動作確認を行っております。
※ご利用下さっている皆様の