【専門家解説】スマートグラスおすすめ10選!人気ランキング・比較/2024年最新

スマートグラスは、メガネ型のウェアラブル端末です。メガネ・ゴーグルをかけるだけで、AR(現実世界を立体的に読み取り、仮想的に拡張する技術)やVR(100%バーチャルの世界に入り込み体験をする技術)の機能で、立体的な空間にディスプレイを表示させて、動画を見たり、映画を見たり、ゲームすることができるものです。

スマートグラスは、大きく分けて、OSが内蔵されていて、スマートグラスだけで色々なアプリを利用して、AR・VRを楽しめるものや、軽量が売りで他のデバイスと接続することで利用するものがあります。まだまだ、発展途上のガジェットですが、AppleのApple Vison ProやMetaのMeta Quoteなどの大手企業も参入しはじめているため、今後伸びることが予想されています。しかし、発展途上だからこそ、どのスマートグラスはが良いのか?スマートグラスはには、どんな機能があるのか?自分で比較検討するのは、簡単ではないのです。

今回は、IT企業の経営者がスマートグラスを、料金、対応OS、機能、視野、サイズ、複数のディスプレイ、重さ、アプリ、使い勝手まで含めて比較し、おすすめランキングにしました。スマートグラスの選び方から、おすすめのスマートグラスまで丁寧に解説します。あなたにぴったりのスマートグラスを選びましょう。

この記事の著者

IT企業経営者

LUFTYるふてぃー

事業歴15年以上のIT企業の経営者です。ITツールに詳しく、WEB制作・システム開発・WEBマーケティングのプロフェッショナルです。15年の経験から、IT課題を解決できる商品・サービスの情報を、実体験をもとに評価し、紹介しています。

多くのIT系ガジェットを利用してきたIT経営者だからこそわかる、最新のスマートグラス、あなたにおすすめのスマートグラスを丁寧に解説します。

スマートグラスとは?

スマートグラスとは

スマートグラスは、眼鏡(メガネ)の形をしたウェアラブル端末のこと

を言います。

ディスプレイ、マイク、スピーカーなどが搭載されていて、スマートグラス単体、もしくは、スマホやパソコンと連動することで、メガネのディスプレイで、動画視聴やゲーム、仕事など、様々なことができるデバイスになっています。

ARグラスとは

スマートグラスの中で「AR機能」を持ったものを「ARグラス」と呼ぶことが多いです。

ARとは

Augmented Reality(アグメンティッド・リアリティ)という言葉の略称が「AR(拡張現実)」で、現実世界を立体的に読み取り、仮想的に拡張する技術のこと

を言います。

よくVRやMRと混同されがちですが、AR、VR、MRは違うものです。

  • AR(拡張現実):現実世界を立体的に読み取り、仮想的に拡張する技術
  • VR(仮想現実):100%バーチャルの世界に入り込み体験をする技術
  • MR(複合現実):現実世界をバーチャルの世界に反映させることで、デジタルコンテンツを直接操作できる技術

AR(拡張現実)の例

  • QRコードを読み取って、スマホ画面を見ると、キャラクターがテーブルの上に存在しているように見えるプロモーション

VR(仮想現実)の例

  • 仮想空間に入り込む、体験型のゲーム。ガンダムに乗って、敵を倒す等

MR(複合現実)の例

  • 現実世界の中にCGを溶け込ませて表示する、企業の研修システム

スマートグラスには、アプリなどによって

  • 「AR」として、現実空間にディスプレイを表示する
  • 「VR」のゲームを体験する
  • 「MR」として、現実空間にCGなどを表示する

すべての機能が網羅されるようになっていくと考えられます。

現状は「ARのみ」のものもあるため、ARグラスと呼ばれることが多いです。ただし、MRなら「MRグラス」、VRなら「VRグラス(VRゴーグル)」と呼ばれるため、「スマートグラス」が総称であり、機能によって、メーカーによって、「ARグラス」「MRグラス」VRグラス(VRゴーグル)」と呼び方が分けられている形になります。

さらに「XR」という表現があります。「XR(クロスリアリティ)」とは、現実世界と仮想世界を融合し、新しい体験を創造する技術で、「VR(仮想現実)」「AR(拡張現実)」「MR(複合現実)」などの先端技術の包括的な総称です。

AR(拡張現実)・VR(仮想現実)・MR(複合現実)比較

比較項目AR(拡張現実)MR(複合現実)VR(仮想現実)
ベースとなる世界現実世界(リアル世界)現実世界(リアル世界)仮想世界(バーチャル世界)
技術現実世界(リアル世界)にデジタル情報を出現させる技術現実世界(リアル世界)にデジタル情報を出現させ、さらに操作できるようにする技術仮想世界(バーチャル世界)でリアルに近い体験ができる技術
メリットコンテンツがシェアされやすい
スマホで誰でも手軽に体験できる
デジタルコンテンツをよりリアルに体感・操作できる
同じMR空間を複数の人間がリアルタイムで同時に体験できる
体験がシェアされやすい
リッチコンテンツ
デバイススマホ、タブレット、ARグラス、スマートグラスVRグラス(VRゴーグル・VRヘッドセット)、スマートグラスMRグラス、スマートグラス
コスト安い高い普通(作るものにより幅が大きい)
利用シーン・企業のマーケティング、プロモーション
・小売・EC業界
・ゲーム
・SNS
・映像(動画・映画)
・教育
・業務効率化
・ナビゲーション
・企業の研修
・企業のシミュレーション(医療、建設等)
・コミュニケーション
・業務効率化
・ゲーム
・映像(動画・映画)
・スポーツ
・スポーツ観戦
・バーチャル旅行
・バーチャル内見
・教育
・企業の研修
・企業のシミュレーション(医療、建設等)

スマートグラスでできること

スマートグラスでできることには以下のものがあります。

  • AR情報を見る
  • ナビを見ながら移動する
  • デスクワークをする
  • ゲームをする
  • VRゲームを体験する
  • VRショッピングを体験する
  • 3Dでデザイン、設計、製品開発を行う
  • 3Dで作業のシミュレーションを行う
  • 通話する
  • 音楽を聴く
  • 動画(TV、映画、配信、ライブ、スポーツ)を見る
  • 写真・動画を撮影する(3Dカメラ)
  • スマホやパソコンと画面を共有する
  • オンライン会議に出る
  • リアルタイムで翻訳する
  • データを記録する

などがあります。

ただし、スマートグラスの機能によって、できることは大きく変わってきます。また、アプリに対応していると、そのアプリの機能がそのままスマートグラスでできることになります。

AR情報を見る

スマートグラスを使うとAR情報(拡張現実)を見ることができます。AR情報が埋め込まれているものを見るだけで、それを立体としてとらえることができます。

ナビを見ながら移動する

地図やナビゲーションを現実世界の現在地に重ねて表示することが可能です。

デスクワークをする

現実空間に、バーチャルのディスプレイを表示して、デスクワークすることが可能です。

ゲームをする

現実空間に、バーチャルのディスプレイを表示して、ゲームすることが可能です。

VRゲームを体験する

VRゲームに対応していれば、VRゲームをスマートグラスで遊ぶことができます。

VRショッピングを体験する

バーチャルの店舗での買い物が可能です。店員からの遠隔で説明を受けるようなこともできます。

3Dでデザイン、設計、製品開発を行う

3D空間だからこそ、直感的な商品開発、設計、デザインなどが可能です。

3Dで作業のシミュレーションを行う

3D空間だからこそ、直感的に作業のシミュレーションが可能です。

通話する

通話機能があれば、スマートグラスで通話が可能です。

音楽を聴く

音楽を聴くことが可能です。

動画(TV、映画、配信、ライブ、スポーツ)を見る

現実空間に、バーチャルのディスプレイを表示して、動画(TV、映画、配信、ライブ、スポーツ)を見ることが可能です

写真・動画を撮影する(3Dカメラ)

3Dの体験している状態をそのまま写真や動画に残すことが可能です。将来、同じ状態を他の人が再現することが可能です。

スマホやパソコンと画面を共有する

スマホやパソコンの画面を同期して表示することができます。

オンライン会議に出る

オンライン会議に出ることができます。

リアルタイムで翻訳する

リアルタイムで会話を翻訳することが可能です。

データを記録する

さまざまなスマートグラスで取得したデータを記録することが可能です。

スマートグラスのメリットデメリット

スマートグラスのメリット

  • VR・ARがあるため、高い没入感を得られる
  • 現実空間との組み合わせで理解・学習・使いやすさがスマホよりも高い
  • ハンズフリーでいろいろな操作ができる
  • 大画面で映像が見れるが物理的なスペースは不要
  • デスクワーク・仕事の効率化が可能
  • ビジネスで活用しやすい(教育・研修、遠隔支援、安全な作業環境、リアルタイムな情報)
  • 今までにない体験ができる

スマートグラスのデメリット

  • 長時間の利用に対する健康上の影響は、解明されていない
  • 連続稼働時間が短い
  • 高価なものが多い
  • 対応しているアプリが少ない
  • 通信環境が悪いと使えない

スマートグラスの選び方

1.映像の質で選ぶ

スマートグラスで一番利用する機会が多いのは

  • 現実空間にディスプレイを表示して、大画面で動画(映画、配信、ライブ映像)、ゲームを楽しむ
  • 現実空間にディスプレイを表示して、大画面で仕事をして効率化する

ではないでしょうか。

ディスプレイを表示して、利用する場合に重要なのは

  1. 3DoF表示の有無
  2. 視野角の広さ
  3. 明暗の調整機能の有無

です。

3DoF表示が重要

3DoF表示とは

「DoF(ドフ)」とはDegree of Freedomの略称で、日本語にすると「自由度」です。「3DoF」とは「3自由度」を意味します。3自由度というのは、左右・前後・上下の3つの軸が自由に変えられることを意味しています。頭の向きや目線を変えてもディスプレイを空中に固定できる機能という意味になります。

首を動かしても、空中にディスプレイが固定されている方が、リアル空間のディスプレイに近い体験になるため、高い没入感で操作ができるのです。

「3DoF表示」のスマートグラスがおすすめとうことになります。

視野角の広さが重要

視野角とは

ディスプレイが使用者の視界をどこまでカバーしているかを示す指標のこと。範囲が広いほど没入感が増す一方、狭いと双眼鏡を覗くような感覚になります。

「視野角がある」ということは、没入感が高い体験ができることを意味します。視野角が狭いほど画面が小さくなって映像が遠くに感じたり、小さな文字が読みにくくなったりするなど、視認性があまりよくありません。

迫力を重視するのであれば、視野角の大きさが重要で、VR体験ができるスマートグラスは、120度前後の視野角になっていますが、ARメインのスマートグラスは、45度前後の視野角となっています。

明暗の調整機能の有無が重要

明暗の調整機能とは

スマートグラスは、現実空間にAR表示するのがメイン機能となっています。現実空間に表示するため、現実空間の明るさに大きく影響を受けて、見やすさが変わってきます。

場所を移動したり、空間の明るさが変わってくると、スマートグラスの方の明るさを調整できる機能がないと、見にくくなってしまうのです。そのために、明暗の調整機能がスマートグラスには用意されています。

見やすさや移動して利用するようなシチュエーションを重視するのであれば、明暗の調整機能があるスマートグラスがおすすめです。

ディスプレイ機能でスマートグラス比較

サービス名公式料金最安値ディスプレイ映像サイズ3DoF表示リフレッシュレート
Apple Vison Pro599,800円Micro-OLED300インチ6DoF90Hz、96Hz、100Hz
Air 2 Pro61,980円Micro-OLED130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz
Air 254,980円Micro-OLED130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz
VITURE One XRグラス66,880円有機EL120インチアプリ接続が必要60Hz
Rokid Max59,800円Micro-OLED215インチアプリ接続またはオプション製品が必要120Hz
Meta Quest 374,800円LCD6DoFも切り替え可能72Hz、80Hz、90Hz、120Hz
RayNeo Air 2 XR スマートグラス56,850円Micro-OLED201インチアプリ接続が必要120Hz
Air49,980円Micro-OLED130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz
TCL NXTWEAR S48,362円Micro-OLED201インチアプリ接続が必要60Hz
au Smart Glasses58,080円Micro-OLED120インチ60Hz

2.VRよりのスマートグラスか?ARよりのスマートグラスか?

スマートグラスには、機能によって「AR」も、「VR」も、体験できます。

しかし、スマートグラスによって、どっちよりのスマートグラスなのか?が違います。

VRよりのスマートグラスは

  • 重量が重い
  • 視野角が大きい
  • VR系のアプリが多い
  • 没入感がすごい
  • 費用が高い
  • 連続稼働時間が短い

という特徴があります。

ARよりのスマートグラスは

  • 重量が軽い
  • 視野角が狭い
  • AR系のアプリが多い
  • 没入感が弱い
  • 費用が安い
  • 連続稼働時間が長い

という特徴があります。

高い没入感を期待してスマートグラスを買うのであれば「VRよりのスマートグラス」がおすすめで、軽量でかつ安価、没入感よりも大きなディスプレイで映像を見たいということであれば、「ARよりのスマートグラス」がおすすめです。

3.「アプリ・やれること」で選ぶ

スマートグラスの多くは

  1. スマートグラス単体でスマートグラス専用アプリを利用して操作するもの
  2. スマートグラスとスマホや別のデバイスを使って、専用アプリを利用して操作するもの
  3. スマートグラスは、スマホやパソコンの画面共有だけで、アプリはとくに使わないもの

に分類されます。

スマートグラスで何がしたいのか?」がスマートグラスを選ぶ際でもっとも重要なポイントということです。

例えば、Apple Vision Proの場合、App Storeで、Vision Pro対応のアプリがリリースされています。

これはアプリの開発会社が、Vision Pro向けにアプリを開発しているのです。

  • 3D映画を3Dで見られるアプリ
  • VRゲームのアプリ
  • 空間全体が巨大なシンセサイザー空間になるアプリ
  • 不動産のVR内見アプリ
  • メジャーリーグの観戦アプリ
  • TikTokの大画面アプリ

今後も、色々なアプリがリリースされると思えば、アプリ対応のスマートグラスがおすすめということになります。

ARで見るだけでは、スマートグラスの魅力を最大限に体験することはできないのです。

利用できるアプリでスマートグラス比較

サービス名公式料金最安値利用できるアプリ
Apple Vison Pro599,800円Apple Storeアプリの一部
Air 2 Pro61,980円Google Play アプリ
Air 254,980円Google Play アプリ
VITURE One XRグラス66,880円専用アプリ/SpaceWalker
Rokid Max59,800円Google Play アプリ
Meta Quest 374,800円専用アプリ/Meta Questアプリ
RayNeo Air 2 XR スマートグラス56,850円専用アプリ/RayNeo XR
Air49,980円Google Play アプリ
TCL NXTWEAR S48,362円専用アプリ/RayNeo XR
au Smart Glasses58,080円

4.料金で選ぶ

スマートグラスは

5万円程度の安価なものから、50万円レベルの高価なものまで、かなり差ががあります。

当然、よほど金銭的に余裕がなければ、いきなり50万円レベルの高価なスマートグラスを購入できないのも致し方ないと言えます。

スマートグラスを選ぶときは

  • 「料金」と「できること」のバランスで選ぶ

ことが重要です。

金銭的によほど余裕がある方以外は、コストパフォーマンスが高いスマートグラスがおすすめです。

スマートグラス比較

順位サービス名運営会社ポイント公式料金最安値最新モデル公式料金最安値容量タイプ対応OS重量ディスプレイsRGBカバー率視野角PPD最大解像度映像サイズ3DoF表示リフレッシュレート輝度視度調整機能電子調光機能接続規格対応ハードスピーカー搭載ディスプレイ搭載マイク搭載センサーの種類バッテリー利用できるアプリOS料金の安さ視野角の広さ映像の機能アプリの使い勝手軽さ総合公式
1位Apple Vison ProAppleApple純正のスマートグラスで、できることが圧倒的に多い599,800円Apple Vison Pro599,800円
24回払いで月24,991円~
256GB、512GB、1TBAR・VR(OS内臓)iOS650gMicro-OLED92%120度34PPD3800×3000300インチ6DoF90Hz、96Hz、100HzUSB-CiPhone、iPad、MacBook2つの高解像度メインカメラ、6つのワールドフェイシングトラッキングカメラ、4つのアイトラッキングカメラ、TrueDepthカメラ、LiDARスキャナ、4つの慣性計測装置(IMU)、フリッカーセンサー、環境光センサー最大2時間Apple Storeアプリの一部Vison OS1.005.005.005.001.003.40公式サイト
2位Air 2 ProXREAL低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる61,980円Air 2 Pro61,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 85,460円~
128GB、256GB(XREAL Beam Pro)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz500Nits0%、35%、100%USB-C、LightningiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel27Wの急速充電Google Play アプリnebula OS3.792.552.824.004.173.47公式サイト
3位Air 2XREAL低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる54,980円Air 254,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 79,160円~
128GB、256GB(XREAL Beam Pro)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android72gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz500nitsUSB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、PixelGoogle Play アプリnebula OS3.932.552.824.004.213.50公式サイト
4位VITURE One XRグラスVITURE3つのディスプレイが表示可能。仕事の効率化におすすめ66,880円VITURE One XRグラス66,880円AR(アプリ)iOS、Android78g有機EL129%43度55PPD1920×1080120インチアプリ接続が必要60Hz1800nits0.00D~-5.00D7段階マグネット式、USB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel専用アプリ/SpaceWalker3.702.412.823.004.133.21公式サイト
5位Rokid MaxRokid低価格でかつ高機能。AndroidTvでGoogle Playアプリが利用できる59,800円Rokid Max59,800円
Rokid Station 29,800円
32GB(Rokid Station)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED106%50度1920×1080215インチアプリ接続またはオプション製品が必要120Hz600nits0.00D~-6.00DUSB-C、OTGiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel強化された9軸(IMU)、3DoF ヘッドトラッキング、装着検知5時間(Rokid Station)Google Play アプリ3.842.752.824.004.173.52公式サイト
6位Meta Quest 3MetaMetaのスマートグラス。ゲームやフィットネスなどVR体験に強み74,800円Meta Quest 3128GB:74,800円
512GB:96,800円
128GB、512GBAR・VR(OS内臓)iOS、Android515gLCD108%110度25PPD2064×22086DoFも切り替え可能72Hz、80Hz、90Hz、120HzUSB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel平均2.2時間専用アプリ/Meta Questアプリ3.554.695.005.001.563.96公式サイト
7位RayNeo Air 2 XR スマートグラスRayNeoシンプルな機能。TÜVラインランド認定で目に優しい56,850円RayNeo Air 2 XR スマートグラス379ドル~AR(アプリ)Android76gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080201インチアプリ接続が必要120Hz600nits磁気処方レンズの購入が必要USB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel加速度センサー、ジャイロスコープ、近接センサー専用アプリ/RayNeo XR3.892.552.823.004.163.29公式サイト
8位AirXREAL低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる49,980円Air49,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 59,960円~
AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android79gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz400nitsUSB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、PixelGoogle Play アプリnebula OS4.032.552.824.004.123.50公式サイト
9位TCL NXTWEAR SRayNeoシンプルな機能。TÜVラインランド認定で目に優しい48,362円TCL NXTWEAR S322.41ドルAR(アプリ)iOS、Android82gMicro-OLED108%45度49PPD1920×1080、3840×1080201インチアプリ接続が必要60Hz不明磁気処方レンズの購入が必要USB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー専用アプリ/RayNeo XR4.062.512.823.004.083.29公式サイト
10位au Smart GlassesCPSpeedauが販売するスマートグラス。機能はシンプル58,080円au Smart Glasses58,080円ARAndroid112gMicro-OLED120%41度53PPD1920×1080120インチ60Hz480nits0.00D~-5.00DUSB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixelコンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー3.872.311.001.003.702.38公式サイト

スマートグラスランキング

1位

Apple Vison Pro

Apple

サービス名Apple Vison Pro
公式料金最安値599,800円
最新モデルApple Vison Pro
容量256GB、512GB、1TB
タイプAR・VR(OS内臓)
対応OSiOS
重量650g
視野角120度
PPD34PPD
最大解像度3800×3000
映像サイズ300インチ
3DoF表示6DoF
Interactive Communications International
¥809,000(2024/07/19 16:42時点 | Amazon調べ)
料金の安さ1.00
視野角の広さ5.00
映像の機能5.00
アプリの使い勝手5.00
軽さ1.00
総合3.40

Apple Vison Proがおすすめの理由

Apple Vison Proがおすすめの理由は「圧倒的なハイレベルな機能」「没入感がすごいスペック」「できることの多さ」です。

Apple Vison Proは、Appleが提供しているスマートグラスです。大きな特徴としては、VRゴーグルよりの機能が多く、視野角も120度と大きく、できることが圧倒的に多いスマートグラスとなっています。利用できるアプリは、Apple StoreのVision Pro用のアプリで、3D映画を3Dで見られるアプリ、VRゲームのアプリ、空間全体が巨大なシンセサイザー空間になるアプリ、不動産のVR内見アプリ、メジャーリーグの観戦アプリ、TikTokの大画面アプリなど、いろいろな対応アプリが登場しています。今後できることが大きく増える期待も含めて、できることが多いメリットがあります。

さらに空間に複数の巨大ディスプレイを表示して、ワークスペースにして仕事をすることに長けています。デザインや商品開発も、3Dでできるのですから、ビジネスにも有効なスマートグラスとなっています。

デメリットは、高額という一点に尽きます。

ポイントApple純正のスマートグラスで、できることが圧倒的に多い
公式料金最安値599,800円
最新モデルApple Vison Pro
公式料金最安値599,800円
24回払いで月24,991円~
容量256GB、512GB、1TB
タイプAR・VR(OS内臓)
対応OSiOS
重量650g
ディスプレイMicro-OLED
sRGBカバー率92%
視野角120度
PPD34PPD
最大解像度3800×3000
映像サイズ300インチ
3DoF表示6DoF
リフレッシュレート90Hz、96Hz、100Hz
輝度
視度調整機能
電子調光機能
接続規格USB-C
対応ハードiPhone、iPad、MacBook
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類2つの高解像度メインカメラ、6つのワールドフェイシングトラッキングカメラ、4つのアイトラッキングカメラ、TrueDepthカメラ、LiDARスキャナ、4つの慣性計測装置(IMU)、フリッカーセンサー、環境光センサー
バッテリー最大2時間
利用できるアプリApple Storeアプリの一部
OSVison OS

2位

Air 2 Pro

XREAL

サービス名Air 2 Pro
公式料金最安値61,980円
最新モデルAir 2 Pro
容量128GB、256GB(XREAL Beam Pro)
タイプAR(アプリ・オプション機器)
対応OSiOS、Android
重量75g
視野角46度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ130~330インチ
3DoF表示アプリ接続またはオプション製品が必要
料金の安さ3.79
視野角の広さ2.55
映像の機能2.82
アプリの使い勝手4.00
軽さ4.17
総合3.47

Air 2 Proがおすすめの理由

Air 2 Proがおすすめの理由は「低価格でコストパフォーマンスが高い」「ディスプレイ表示の機能性が高い」「Google Playアプリが利用できる」です。

Air 2 Proは、XREALが提供しているスマートグラスです。AR機能が強く、75gという軽量で、視野角46度、リフレッシュレート120Hzで、調光可能という機能を備えています。最大330インチまでサイズを調整可能で、大画面で映像を楽しめるメリットがあります。

また、XREAL Beam Proという別売りのデバイス(ARグラスコンパニオン)を利用すれば、Google Playアプリの2Dのアプリを3D表示して利用することができます。3D写真や3D動画を撮影することができます。

さらに別売りのデバイスを含めても、10万円以下の低価格なので、コストパフォーマンスが高いスマートグラスと言えます。

デメリットは、VRゴーグル系のスマートグラスと比較すると、没入感が弱くなってしまう点です。

ポイント低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる
公式料金最安値61,980円
最新モデルAir 2 Pro
公式料金最安値61,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 85,460円~
容量128GB、256GB(XREAL Beam Pro)
タイプAR(アプリ・オプション機器)
対応OSiOS、Android
重量75g
ディスプレイMicro-OLED
sRGBカバー率108%
視野角46度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ130~330インチ
3DoF表示アプリ接続またはオプション製品が必要
リフレッシュレート72Hz、120Hz
輝度500Nits
視度調整機能
電子調光機能0%、35%、100%
接続規格USB-C、Lightning
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類
バッテリー27Wの急速充電
利用できるアプリGoogle Play アプリ
OSnebula OS

3位

Air 2

XREAL

サービス名Air 2
公式料金最安値54,980円
最新モデルAir 2
容量128GB、256GB(XREAL Beam Pro)
タイプAR(アプリ・オプション機器)
対応OSiOS、Android
重量72g
視野角46度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ130~330インチ
3DoF表示アプリ接続またはオプション製品が必要

Air 2がおすすめの理由

Air 2がおすすめの理由は「低価格でコストパフォーマンスが高い」「ディスプレイ表示の機能性が高い」「Google Playアプリが利用できる」です。

Air 2は、XREALが提供しているスマートグラスです。AR機能が強く、72gという軽量で、視野角46度、リフレッシュレート120Hzです。最大330インチまでサイズを調整可能で、大画面で映像を楽しめるメリットがあります。

また、XREAL Beam Proという別売りのデバイス(ARグラスコンパニオン)を利用すれば、Google Playアプリの2Dのアプリを3D表示して利用することができます。3D写真や3D動画を撮影することができます。

さらに別売りのデバイスを含めても、10万円以下の低価格なので、コストパフォーマンスが高いスマートグラスと言えます。

デメリットは、VRゴーグル系のスマートグラスと比較すると、没入感が弱くなってしまう点です。Air 2 Proと比較すると、価格は安いのですが、調光機能がありません。

ポイント低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる
公式料金最安値54,980円
最新モデルAir 2
公式料金最安値54,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 79,160円~
容量128GB、256GB(XREAL Beam Pro)
タイプAR(アプリ・オプション機器)
対応OSiOS、Android
重量72g
ディスプレイMicro-OLED
sRGBカバー率108%
視野角46度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ130~330インチ
3DoF表示アプリ接続またはオプション製品が必要
リフレッシュレート72Hz、120Hz
輝度500nits
視度調整機能
電子調光機能
接続規格USB-C
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類
バッテリー
利用できるアプリGoogle Play アプリ
OSnebula OS

4位

VITURE One XRグラス

VITURE

サービス名VITURE One XRグラス
公式料金最安値66,880円
最新モデルVITURE One XRグラス
容量
タイプAR(アプリ)
対応OSiOS、Android
重量78g
視野角43度
PPD55PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ120インチ
3DoF表示アプリ接続が必要

VITURE One XRグラスがおすすめの理由

VITURE One XRグラスがおすすめの理由は「低価格でコストパフォーマンスが高い」「3つの仮想ディスプレイを表示できる」「専用アプリが利用できる」です。

VITURE One XRグラスは、VITUREが提供しているスマートグラスです。ディスプレイ機能が充実しており、3840×1080p(フルHDを左右に2枚換算)のサイド・バイ・サイド形式の3D動画ファイル再生対応で、3D動画での映画などを大迫力で楽しめます。また、電子調光フィルム搭載で、調光も可能となっています。

専用アプリ「SpaceWalker」は、VITURE OneとHDMI XRアダプターのために開発されたアプリです。ブラウザ機能、VRコンテンツの再生、Pages、Numbers、Keynote、Word、Excel、PowerPointのドキュメントファイルの再生などに対応しています。コンピューターのデスクトップを最大3つの仮想ディスプレイに投影でき、設定を変えることで体験のカスタマイズもできるため、リモートワークに強みがあります。

デメリットは、基本機能としての、視野角の広さ、明るさ、ディスプレイサイズなどは、あまり高くありません。

ポイント3つのディスプレイが表示可能。仕事の効率化におすすめ
公式料金最安値66,880円
最新モデルVITURE One XRグラス
公式料金最安値66,880円
容量
タイプAR(アプリ)
対応OSiOS、Android
重量78g
ディスプレイ有機EL
sRGBカバー率129%
視野角43度
PPD55PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ120インチ
3DoF表示アプリ接続が必要
リフレッシュレート60Hz
輝度1800nits
視度調整機能0.00D~-5.00D
電子調光機能7段階
接続規格マグネット式、USB-C
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類
バッテリー
利用できるアプリ専用アプリ/SpaceWalker
OS

5位

Rokid Max

Rokid

サービス名Rokid Max
公式料金最安値59,800円
最新モデルRokid Max
容量32GB(Rokid Station)
タイプAR(アプリ・オプション機器)
対応OSiOS、Android
重量75g
視野角50度
PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ215インチ
3DoF表示アプリ接続またはオプション製品が必要

Rokid Maxがおすすめの理由

Rokid Maxがおすすめの理由は「低価格でコストパフォーマンスが高い」「ディスプレイ表示の機能性が高い」「Google Playアプリが利用できる」です。

Rokid Maxは、Rokidが提供しているスマートグラスです。ディスプレイ機能が充実しており、50度の視野角があり、215インチの大画面が表示できます。120Hzのリフレッシュレートで、-6.00Dまでの近視補正に対応している、最大600Nitsの高輝度など、すぐれたディスプレイ性能があるスマートグラスです。

また、低ブルーライト、低反射、フリッカーフリー、そしてEyeComfort認定で、目にやさしい視界を実現しているのも魅力です。

さらに、Rokid Stationという別売りのデバイス(ARグラスコンパニオン)を利用すれば、Android TV搭載のRokid Stationは、Rokid Maxに接続するだけでスマホ無しで様々なコンテンツの体験が可能になります。YouTube、Hulu、プライムビデオ、ディズニープラス、TikTok、TVer、AbemaTVなど様々な動画アプリが大画面で楽しめます。

デメリットは、VRゴーグル系のスマートグラスと比較すると、没入感が弱くなってしまう点です。

ポイント低価格でかつ高機能。AndroidTvでGoogle Playアプリが利用できる
公式料金最安値59,800円
最新モデルRokid Max
公式料金最安値59,800円
Rokid Station 29,800円
容量32GB(Rokid Station)
タイプAR(アプリ・オプション機器)
対応OSiOS、Android
重量75g
ディスプレイMicro-OLED
sRGBカバー率106%
視野角50度
PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ215インチ
3DoF表示アプリ接続またはオプション製品が必要
リフレッシュレート120Hz
輝度600nits
視度調整機能0.00D~-6.00D
電子調光機能
接続規格USB-C、OTG
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類強化された9軸(IMU)、3DoF ヘッドトラッキング、装着検知
バッテリー5時間(Rokid Station)
利用できるアプリGoogle Play アプリ
OS

6位

Meta Quest 3

Meta

サービス名Meta Quest 3
公式料金最安値74,800円
最新モデルMeta Quest 3
容量128GB、512GB
タイプAR・VR(OS内臓)
対応OSiOS、Android
重量515g
視野角110度
PPD25PPD
最大解像度2064×2208
映像サイズ
3DoF表示6DoFも切り替え可能
料金の安さ3.55
視野角の広さ4.69
映像の機能5.00
アプリの使い勝手5.00
軽さ1.56
総合3.96

Meta Quest 3がおすすめの理由

Meta Quest 3がおすすめの理由は「圧倒的なハイレベルな機能」「没入感がすごいスペック」「ゲームに強み」です。

Meta Quest 3は、Metaが提供しているスマートグラスです。大きな特徴としては、VRゴーグルよりの機能が多く、視野角も110度と大きくできることが圧倒的に多いスマートグラスとなっています。利用できるアプリは、Meta Questモバイルアプリで、500種類以上のアプリが用意されていて、ゲーム、フィットネス、エンターテイメントが楽しめます。今後できることが大きく増える期待も含めて、できることが多いメリットがあります。

さらに手の延長のように感じられるTouch Plusコントローラーなど、ゲームやフィットネスなどの個人利用で強みがあるスマートグラスです。

また、仮想ディスプレイを3つ以上表示できるため、仕事にも利用できる機能があります。

その上で、Apple Vison Proと比較すると、圧倒的に低コストな点が売りです。

デメリットは、どちらかというとゲームやフィットネスなどの個人利用をベースとしたスマートグラスなので、仕事向きの機能は、そこまで多くない点です。

ポイントMetaのスマートグラス。ゲームやフィットネスなどVR体験に強み
公式料金最安値74,800円
最新モデルMeta Quest 3
公式料金最安値128GB:74,800円
512GB:96,800円
容量128GB、512GB
タイプAR・VR(OS内臓)
対応OSiOS、Android
重量515g
ディスプレイLCD
sRGBカバー率108%
視野角110度
PPD25PPD
最大解像度2064×2208
映像サイズ
3DoF表示6DoFも切り替え可能
リフレッシュレート72Hz、80Hz、90Hz、120Hz
輝度
視度調整機能
電子調光機能
接続規格USB-C
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類
バッテリー平均2.2時間
利用できるアプリ専用アプリ/Meta Questアプリ
OS

7位

RayNeo Air 2 XR スマートグラス

RayNeo

サービス名RayNeo Air 2 XR スマートグラス
公式料金最安値56,850円
最新モデルRayNeo Air 2 XR スマートグラス
容量
タイプAR(アプリ)
対応OSAndroid
重量76g
視野角46度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ201インチ
3DoF表示アプリ接続が必要
料金の安さ3.89
視野角の広さ2.55
映像の機能2.82
アプリの使い勝手3.00
軽さ4.16
総合3.29

RayNeo Air 2 XR スマートグラスがおすすめの理由

RayNeo Air 2 XR スマートグラスがおすすめの理由は「低価格」「ディスプレイ表示の機能性が高い」「目の負担が少ない」です。

RayNeo Air 2 XR スマートグラスは、RayNeoが提供しているスマートグラスです。ディスプレイ機能が充実しており、46度の視野角があり、201インチの大画面が表示できます。120Hzのリフレッシュレートで、最大600Nitsの高輝度など、すぐれたディスプレイ性能があるスマートグラスです。視力矯正にも対応可能です。

TÜVラインランド認定のアイコンフォートで目の負担が少ないプロダクトとなっています。音漏れを排除し、比類のない音声の明瞭さと精度があり、軽量のため、外出先での利用も可能です。

デメリットは、アプリなどの機能がない点です。

ポイントシンプルな機能。TÜVラインランド認定で目に優しい
公式料金最安値56,850円
最新モデルRayNeo Air 2 XR スマートグラス
公式料金最安値379ドル~
容量
タイプAR(アプリ)
対応OSAndroid
重量76g
ディスプレイMicro-OLED
sRGBカバー率108%
視野角46度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ201インチ
3DoF表示アプリ接続が必要
リフレッシュレート120Hz
輝度600nits
視度調整機能磁気処方レンズの購入が必要
電子調光機能
接続規格USB-C
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類加速度センサー、ジャイロスコープ、近接センサー
バッテリー
利用できるアプリ専用アプリ/RayNeo XR
OS

8位

Air

XREAL

サービス名Air
公式料金最安値49,980円
最新モデルAir
容量
タイプAR(アプリ・オプション機器)
対応OSiOS、Android
重量79g
視野角46度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ130~330インチ
3DoF表示アプリ接続またはオプション製品が必要

Airがおすすめの理由

Airがおすすめの理由は「低価格でコストパフォーマンスが高い」「ディスプレイ表示の機能性が高い」「Google Playアプリが利用できる」です。

Airは、XREALが提供しているスマートグラスです。AR機能が強く、79gという軽量で、視野角46度、リフレッシュレート120Hzです。最大330インチまでサイズを調整可能で、大画面で映像を楽しめるメリットがあります。

また、XREAL Beam Proという別売りのデバイス(ARグラスコンパニオン)を利用すれば、Google Playアプリの2Dのアプリを3D表示して利用することができます。3D写真や3D動画を撮影することができます。

さらに別売りのデバイスを含めても、10万円以下の低価格なので、コストパフォーマンスが高いスマートグラスと言えます。

デメリットは、VRゴーグル系のスマートグラスと比較すると、没入感が弱くなってしまう点です。Air 2 Proと比較すると、価格は安いのですが、調光機能がなく、明るさも、500Nitsと400Nitsなので、若干暗くなります。

ポイント低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる
公式料金最安値49,980円
最新モデルAir
公式料金最安値49,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 59,960円~
容量
タイプAR(アプリ・オプション機器)
対応OSiOS、Android
重量79g
ディスプレイMicro-OLED
sRGBカバー率108%
視野角46度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ130~330インチ
3DoF表示アプリ接続またはオプション製品が必要
リフレッシュレート72Hz、120Hz
輝度400nits
視度調整機能
電子調光機能
接続規格USB-C
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類
バッテリー
利用できるアプリGoogle Play アプリ
OSnebula OS

9位

TCL NXTWEAR S

RayNeo

サービス名TCL NXTWEAR S
公式料金最安値48,362円
最新モデルTCL NXTWEAR S
容量
タイプAR(アプリ)
対応OSiOS、Android
重量82g
視野角45度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080、3840×1080
映像サイズ201インチ
3DoF表示アプリ接続が必要
料金の安さ4.06
視野角の広さ2.51
映像の機能2.82
アプリの使い勝手3.00
軽さ4.08
総合3.29

TCL NXTWEAR Sがおすすめの理由

TCL NXTWEAR Sがおすすめの理由は「低価格」「ディスプレイ表示の機能性が高い」「目の負担が少ない」です。

TCL NXTWEAR Sは、RayNeoが提供しているスマートグラスです。ディスプレイ機能が充実しており、45度の視野角があり、201インチの大画面が表示できます。120Hzのリフレッシュレートで、最大600Nitsの高輝度など、すぐれたディスプレイ性能があるスマートグラスです。視力矯正にも対応可能です。

TÜVラインランド認定のアイコンフォートで目の負担が少ないプロダクトとなっています。

デメリットは、アプリなどの機能がない点です。

ポイントシンプルな機能。TÜVラインランド認定で目に優しい
公式料金最安値48,362円
最新モデルTCL NXTWEAR S
公式料金最安値322.41ドル
容量
タイプAR(アプリ)
対応OSiOS、Android
重量82g
ディスプレイMicro-OLED
sRGBカバー率108%
視野角45度
PPD49PPD
最大解像度1920×1080、3840×1080
映像サイズ201インチ
3DoF表示アプリ接続が必要
リフレッシュレート60Hz
輝度不明
視度調整機能磁気処方レンズの購入が必要
電子調光機能
接続規格USB-C
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー
バッテリー
利用できるアプリ専用アプリ/RayNeo XR
OS

10位

au Smart Glasses

CPSpeed

サービス名au Smart Glasses
公式料金最安値58,080円
最新モデルau Smart Glasses
容量
タイプAR
対応OSAndroid
重量112g
視野角41度
PPD53PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ120インチ
3DoF表示
料金の安さ3.87
視野角の広さ2.31
映像の機能1.00
アプリの使い勝手1.00
軽さ3.70
総合2.38

au Smart Glassesがおすすめの理由

au Smart Glassesがおすすめの理由は「auが販売している」「近視補正に対応している」です。

au Smart Glassesは、CPSpeedが提供しているスマートグラスです。au Smart Glassesという名称からわかる通り、auが共同開発として、販売しています。120インチのディスプレイ表示が可能で、薄型の大振幅スピーカーも搭載し、迫力ある映像の市長が可能です。また、-5.00Dまでの近視補正に対応しています。

デメリットは、アプリなどの機能はなく、シンプルな機能の割には高めの設定という点です。

ポイントauが販売するスマートグラス。機能はシンプル
公式料金最安値58,080円
最新モデルau Smart Glasses
公式料金最安値58,080円
容量
タイプAR
対応OSAndroid
重量112g
ディスプレイMicro-OLED
sRGBカバー率120%
視野角41度
PPD53PPD
最大解像度1920×1080
映像サイズ120インチ
3DoF表示
リフレッシュレート60Hz
輝度480nits
視度調整機能0.00D~-5.00D
電子調光機能
接続規格USB-C
対応ハードiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel
スピーカー搭載
ディスプレイ搭載
マイク搭載
センサーの種類コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー
バッテリー
利用できるアプリ
OS

タイプ別のおすすめスマートグラス

動画視聴(映画、ライブ、YouTube、TIKTOK)でおすすめのスマートグラス

動画視聴(映画、ライブ、YouTube、TIKTOK)ゲームでスマートグラスを選ぶ際に重要なのは

  • ディスプレイのサイズ
  • 3DoF表示への対応
  • 3D動画を見るかどうか?
  • 視野角の広さ
  • ステレオ機能の良さ

です。

映画館のように動画視聴をしたいのであれば、上記のような機能が必要になってきます。

動画視聴(映画、ライブ、YouTube、TIKTOK)でおすすめのスマートグラスは「Apple Vison Pro」「XREAL/Air 2 Pro
」「Rokid/Rokid Max」です。

サービス名運営会社ポイント公式料金最安値最新モデル公式料金最安値容量タイプ対応OS重量ディスプレイsRGBカバー率視野角PPD最大解像度映像サイズ3DoF表示リフレッシュレート輝度視度調整機能電子調光機能接続規格対応ハードスピーカー搭載ディスプレイ搭載マイク搭載センサーの種類バッテリー利用できるアプリOS料金の安さ視野角の広さ映像の機能アプリの使い勝手軽さ総合公式
Apple Vison ProAppleApple純正のスマートグラスで、できることが圧倒的に多い599,800円Apple Vison Pro599,800円
24回払いで月24,991円~
256GB、512GB、1TBAR・VR(OS内臓)iOS650gMicro-OLED92%120度34PPD3800×3000300インチ6DoF90Hz、96Hz、100HzUSB-CiPhone、iPad、MacBook2つの高解像度メインカメラ、6つのワールドフェイシングトラッキングカメラ、4つのアイトラッキングカメラ、TrueDepthカメラ、LiDARスキャナ、4つの慣性計測装置(IMU)、フリッカーセンサー、環境光センサー最大2時間Apple Storeアプリの一部Vison OS1.005.005.005.001.003.40公式サイト
Air 2 ProXREAL低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる61,980円Air 2 Pro61,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 85,460円~
128GB、256GB(XREAL Beam Pro)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz500Nits0%、35%、100%USB-C、LightningiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel27Wの急速充電Google Play アプリnebula OS3.792.552.824.004.173.47公式サイト
Rokid MaxRokid低価格でかつ高機能。AndroidTvでGoogle Playアプリが利用できる59,800円Rokid Max59,800円
Rokid Station 29,800円
32GB(Rokid Station)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED106%50度1920×1080215インチアプリ接続またはオプション製品が必要120Hz600nits0.00D~-6.00DUSB-C、OTGiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel強化された9軸(IMU)、3DoF ヘッドトラッキング、装着検知5時間(Rokid Station)Google Play アプリ3.842.752.824.004.173.52公式サイト

ゲームでおすすめのスマートグラス

ゲームでスマートグラスを選ぶ際に重要なのは

  • 没入感
  • リフレッシュレート
  • VRゲームをするかどうか?

です。

VRゲームに対応していて、高い没入感を得られるのは「Apple Vison Pro」「Meta Quest 3」です。どちらも、VRゴーグルよりのスマートグラスです。

サービス名運営会社ポイント公式料金最安値最新モデル公式料金最安値容量タイプ対応OS重量ディスプレイsRGBカバー率視野角PPD最大解像度映像サイズ3DoF表示リフレッシュレート輝度視度調整機能電子調光機能接続規格対応ハードスピーカー搭載ディスプレイ搭載マイク搭載センサーの種類バッテリー利用できるアプリOS料金の安さ視野角の広さ映像の機能アプリの使い勝手軽さ総合公式
Apple Vison ProAppleApple純正のスマートグラスで、できることが圧倒的に多い599,800円Apple Vison Pro599,800円
24回払いで月24,991円~
256GB、512GB、1TBAR・VR(OS内臓)iOS650gMicro-OLED92%120度34PPD3800×3000300インチ6DoF90Hz、96Hz、100HzUSB-CiPhone、iPad、MacBook2つの高解像度メインカメラ、6つのワールドフェイシングトラッキングカメラ、4つのアイトラッキングカメラ、TrueDepthカメラ、LiDARスキャナ、4つの慣性計測装置(IMU)、フリッカーセンサー、環境光センサー最大2時間Apple Storeアプリの一部Vison OS1.005.005.005.001.003.40公式サイト
Meta Quest 3MetaMetaのスマートグラス。ゲームやフィットネスなどVR体験に強み74,800円Meta Quest 3128GB:74,800円
512GB:96,800円
128GB、512GBAR・VR(OS内臓)iOS、Android515gLCD108%110度25PPD2064×22086DoFも切り替え可能72Hz、80Hz、90Hz、120HzUSB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel平均2.2時間専用アプリ/Meta Questアプリ3.554.695.005.001.563.96公式サイト

仕事(デスクワーク)の効率化でおすすめのスマートグラス

仕事(デスクワーク)の効率化でおすすめのスマートグラスは

  • 複数のディスプレイ表示に対応していること
  • 外出先でも大画面で仕事ができること

です。

仕事(デスクワーク)の効率化でおすすめのスマートグラスは「Meta Quest 3」「VITURE/VITURE One XRグラス」「XREAL/Air 2 Pro」です。

サービス名運営会社ポイント公式料金最安値最新モデル公式料金最安値容量タイプ対応OS重量ディスプレイsRGBカバー率視野角PPD最大解像度映像サイズ3DoF表示リフレッシュレート輝度視度調整機能電子調光機能接続規格対応ハードスピーカー搭載ディスプレイ搭載マイク搭載センサーの種類バッテリー利用できるアプリOS料金の安さ視野角の広さ映像の機能アプリの使い勝手軽さ総合公式
Air 2 ProXREAL低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる61,980円Air 2 Pro61,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 85,460円~
128GB、256GB(XREAL Beam Pro)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz500Nits0%、35%、100%USB-C、LightningiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel27Wの急速充電Google Play アプリnebula OS3.792.552.824.004.173.47公式サイト
VITURE One XRグラスVITURE3つのディスプレイが表示可能。仕事の効率化におすすめ66,880円VITURE One XRグラス66,880円AR(アプリ)iOS、Android78g有機EL129%43度55PPD1920×1080120インチアプリ接続が必要60Hz1800nits0.00D~-5.00D7段階マグネット式、USB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel専用アプリ/SpaceWalker3.702.412.823.004.133.21公式サイト
Meta Quest 3MetaMetaのスマートグラス。ゲームやフィットネスなどVR体験に強み74,800円Meta Quest 3128GB:74,800円
512GB:96,800円
128GB、512GBAR・VR(OS内臓)iOS、Android515gLCD108%110度25PPD2064×22086DoFも切り替え可能72Hz、80Hz、90Hz、120HzUSB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel平均2.2時間専用アプリ/Meta Questアプリ3.554.695.005.001.563.96公式サイト

近視補正(度付き)でおすすめのスマートグラス

スマートグラスには、近視補正機能(度付き)があるスマートグラスがあります。

近視補正機能(度付き)付のスマートグラス比較

サービス名公式料金最安値視度調整機能
Apple Vison Pro599,800円
Air 2 Pro61,980円
Air 254,980円
VITURE One XRグラス66,880円0.00D~-5.00D
Rokid Max59,800円0.00D~-6.00D
Meta Quest 374,800円
RayNeo Air 2 XR スマートグラス56,850円磁気処方レンズの購入が必要
Air49,980円
TCL NXTWEAR S48,362円磁気処方レンズの購入が必要
au Smart Glasses58,080円0.00D~-5.00D

Appleユーザーにおすすめのスマートグラス

Appleユーザーにおすすめのスマートグラスは「Apple Vison Pro」です。Apple純正の製品なのですから、当然であり、Appleのアプリに対応しているメリットがあります。

サービス名運営会社ポイント公式料金最安値最新モデル公式料金最安値容量タイプ対応OS重量ディスプレイsRGBカバー率視野角PPD最大解像度映像サイズ3DoF表示リフレッシュレート輝度視度調整機能電子調光機能接続規格対応ハードスピーカー搭載ディスプレイ搭載マイク搭載センサーの種類バッテリー利用できるアプリOS料金の安さ視野角の広さ映像の機能アプリの使い勝手軽さ総合公式
Apple Vison ProAppleApple純正のスマートグラスで、できることが圧倒的に多い599,800円Apple Vison Pro599,800円
24回払いで月24,991円~
256GB、512GB、1TBAR・VR(OS内臓)iOS650gMicro-OLED92%120度34PPD3800×3000300インチ6DoF90Hz、96Hz、100HzUSB-CiPhone、iPad、MacBook2つの高解像度メインカメラ、6つのワールドフェイシングトラッキングカメラ、4つのアイトラッキングカメラ、TrueDepthカメラ、LiDARスキャナ、4つの慣性計測装置(IMU)、フリッカーセンサー、環境光センサー最大2時間Apple Storeアプリの一部Vison OS1.005.005.005.001.003.40公式サイト

Googleユーザーにおすすめのスマートグラス

Googleユーザーにおすすめのスマートグラス「XREAL/Air 2 Pro」「XREAL/Air 2」「Rokid/Rokid Max」です。どちらもGoogleアプリに対応しています。

サービス名運営会社ポイント公式料金最安値最新モデル公式料金最安値容量タイプ対応OS重量ディスプレイsRGBカバー率視野角PPD最大解像度映像サイズ3DoF表示リフレッシュレート輝度視度調整機能電子調光機能接続規格対応ハードスピーカー搭載ディスプレイ搭載マイク搭載センサーの種類バッテリー利用できるアプリOS料金の安さ視野角の広さ映像の機能アプリの使い勝手軽さ総合公式
Air 2 ProXREAL低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる61,980円Air 2 Pro61,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 85,460円~
128GB、256GB(XREAL Beam Pro)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz500Nits0%、35%、100%USB-C、LightningiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel27Wの急速充電Google Play アプリnebula OS3.792.552.824.004.173.47公式サイト
Air 2XREAL低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる54,980円Air 254,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 79,160円~
128GB、256GB(XREAL Beam Pro)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android72gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz500nitsUSB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、PixelGoogle Play アプリnebula OS3.932.552.824.004.213.50公式サイト
Rokid MaxRokid低価格でかつ高機能。AndroidTvでGoogle Playアプリが利用できる59,800円Rokid Max59,800円
Rokid Station 29,800円
32GB(Rokid Station)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED106%50度1920×1080215インチアプリ接続またはオプション製品が必要120Hz600nits0.00D~-6.00DUSB-C、OTGiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel強化された9軸(IMU)、3DoF ヘッドトラッキング、装着検知5時間(Rokid Station)Google Play アプリ3.842.752.824.004.173.52公式サイト
RayNeo Air 2 XR スマートグラスRayNeoシンプルな機能。TÜVラインランド認定で目に優しい56,850円RayNeo Air 2 XR スマートグラス379ドル~AR(アプリ)Android76gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080201インチアプリ接続が必要120Hz600nits磁気処方レンズの購入が必要USB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel加速度センサー、ジャイロスコープ、近接センサー専用アプリ/RayNeo XR3.892.552.823.004.163.29公式サイト

低価格でコスパの良さでおすすめのスマートグラス

低価格のスマートグラスでおすすめなのは

  • 安くても、VRに対応していて没入感がすごく、ゲームやフィットネスができる「Meta Quest 3」
  • 安くても、ディスプレイ機能が充実しており、Googleアプリに対応している「XREAL/Air 2 Pro」「Rokid/Rokid Max」
  • 安くても、複数ディスプレイ表示に対応している「VITURE/VITURE One XRグラス」

です。

サービス名運営会社ポイント公式料金最安値最新モデル公式料金最安値容量タイプ対応OS重量ディスプレイsRGBカバー率視野角PPD最大解像度映像サイズ3DoF表示リフレッシュレート輝度視度調整機能電子調光機能接続規格対応ハードスピーカー搭載ディスプレイ搭載マイク搭載センサーの種類バッテリー利用できるアプリOS料金の安さ視野角の広さ映像の機能アプリの使い勝手軽さ総合公式
Air 2 ProXREAL低価格でかつ高機能。Google Playアプリが利用できる61,980円Air 2 Pro61,980円~
+XREAL Beam Pro 32,980円~
セット価格 85,460円~
128GB、256GB(XREAL Beam Pro)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED108%46度49PPD1920×1080130~330インチアプリ接続またはオプション製品が必要72Hz、120Hz500Nits0%、35%、100%USB-C、LightningiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel27Wの急速充電Google Play アプリnebula OS3.792.552.824.004.173.47公式サイト
VITURE One XRグラスVITURE3つのディスプレイが表示可能。仕事の効率化におすすめ66,880円VITURE One XRグラス66,880円AR(アプリ)iOS、Android78g有機EL129%43度55PPD1920×1080120インチアプリ接続が必要60Hz1800nits0.00D~-5.00D7段階マグネット式、USB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel専用アプリ/SpaceWalker3.702.412.823.004.133.21公式サイト
Rokid MaxRokid低価格でかつ高機能。AndroidTvでGoogle Playアプリが利用できる59,800円Rokid Max59,800円
Rokid Station 29,800円
32GB(Rokid Station)AR(アプリ・オプション機器)iOS、Android75gMicro-OLED106%50度1920×1080215インチアプリ接続またはオプション製品が必要120Hz600nits0.00D~-6.00DUSB-C、OTGiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel強化された9軸(IMU)、3DoF ヘッドトラッキング、装着検知5時間(Rokid Station)Google Play アプリ3.842.752.824.004.173.52公式サイト
Meta Quest 3MetaMetaのスマートグラス。ゲームやフィットネスなどVR体験に強み74,800円Meta Quest 3128GB:74,800円
512GB:96,800円
128GB、512GBAR・VR(OS内臓)iOS、Android515gLCD108%110度25PPD2064×22086DoFも切り替え可能72Hz、80Hz、90Hz、120HzUSB-CiPhone、iPad、MacBook、Galaxy、Xperia、AQUOS、OPPO、Windows、PS4、PS5、Steam Deck、Pixel平均2.2時間専用アプリ/Meta Questアプリ3.554.695.005.001.563.96公式サイト

スマートグラス選びのよくある質問

Q.スマートグラスは、モニター代わりになるの?

スマートグラスを検討している方の多くは

  • テレビの代わりになるのか?
  • 仕事などで作業するモニターの代わりになるのか?

ではないでしょうか。

回答としては

モニター代わりになるが、モニターとして使うのには、メリットもデメリットもある

ということになります。

モニター代わりにスマートグラスを使うメリット

  • ハンズフリーで利用できる
  • 複数のディスプレイが表示できる
  • 大画面で表示できる
  • 外出先でも、大画面で表示できる
  • 移動中でも、大画面で表示できる

モニター代わりにスマートグラスを使うデメリット

  • 解像度に依存するため、細かい作業をしようとすると見にくいなどの不具合がある
  • バッテリーの持ちが少ないため、外出先で長時間使えない
  • 長時間の利用での疲労感が大きい
  • 長時間の利用での健康上の問題は解明されていない

オンラインで会議をする、複数のチャートを見ながらトレードをする、というのであれば、モニター代わりにできますが、原稿の執筆やデザインなど細かい作業をする時には、通常のデバイスの方が見やすく、作業効率が良いのではないでしょうか?

実際に使ってみることで、自分のやりたい作業の効率性を確認する必要があります。