【専門家解説】モバイルルーター・ポケットWiFiおすすめ14選!無制限・人気ランキング・比較/2024年最新

インターネットは、仕事をするにも、音楽や動画・Youtubeを見るのにも、ゲームをするのにも、今や欠かせないものとなっています。とくに外出している間にインターネット回線を利用する場合には、無料WiFiがない場所であれば、モバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)を利用することになります。モバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)があれば、外出中に仕事をしたり、動画やゲームを楽しむことも可能です。

しかし、一方で、モバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)は、種類が多く、どう比較すればいいのか?もわからない方も少なくありません。さらに、どの会社も、キャンペーンを積極的に行うため、何が一番良いモバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)なのかは、自分では判断するのは、容易ではないのです。

今回は、IT企業の経営者がモバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)を、速度やコスト、重さ、バッテリー容量、使い勝手、サポート、キャンペーンまで含めて、おすすめランキング・価格比較を行い、モバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)の選び方から、おすすめのモバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)まで丁寧に解説します。あなたにぴったりのモバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)を選んで、安心して外出先で仕事や動画・ゲームにインターネットを利用しましょう。

この記事の著者

IT企業経営者

LUFTYるふてぃー

事業歴15年以上のIT企業の経営者です。ITツールに詳しく、WEB制作・システム開発・WEBマーケティングのプロフェッショナルです。15年の経験から、IT課題を解決できる商品・サービスの情報を、実体験をもとに評価し、紹介しています。

目次

モバイルルーターとは?ポケットWiFi・モバイルWiFiとは何が違うの?

モバイルルーターとは

持ち運びができるWiFi端末(ルーター)のこと = 外出先でも、インターネット通信ができるようにするための端末

を言います。

「モバイルルーター」のことを「ポケットWiFi」「ポケット型WiFi」「モバイルWiFi」と呼ぶことがありますが、どれも同じ意味を持つ言葉です。

モバイルルーターをサービス提供している通信事業者によって、呼び方が異なるため、様々な呼び方がある

ということです。

とくに「Pocket WiFi(ポケットワイファイ)」は、ソフトバンクが商標登録しているため、他社が使えない、などで、商標に引っかからないように、いろいろな呼び方をしているのです。

モバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)は、どんな人が利用すべき?光回線やホームルーターとは何が違うの?

「自宅にインターネット回線を引きたい」と思ったときの選択肢としては

があります。

どの方法でも、インターネットを利用することができますが、まずはインターネット回線の利用方法の違いを把握しましょう。

インターネット回線比較

インターネットを利用する手段光回線モバイルルーター
ポケット型WiFi
モバイルWiFi
ホームルーター
仕組み「光ファイバーケーブル」を利用した通信回線で、光の反射や屈折を利用してデータを転送するため、電話回線より圧倒的に速度が速く、長距離かつ大容量のデータであっても瞬時に運ぶことができる利用回線は携帯電話で使用している「移動体通信回線」と呼ばれるもの。代表的なものでは4GLTE回線。ポケット型WiFiは、通信業者がそれぞれ独自で設置している基地局からの電波をキャッチすることで、通信を行う仕組みモバイルデータ通信を利用して家の中でインターネットを使えるようにする、工事不要で、すぐに使える据え置き型のルーターのこと
回線速度速い遅い普通
工事必要不要不要
持ち運び不可不可
メリット・通信速度が速い
・通信が安定している
インターネットが使い放題(通信制限なし)
・大人数で使っても速度が遅くならない
・ビデオ会議やゲームも快適にできる
・スマホとのセット割引がある
・光電話(固定電話)が使える
・持ち運びできる
・工事が不要ですぐに利用できる
・プロパイダ契約が必須ではない
・月額料金が安い
・速度がポケット型WiFiよりは速い
・ポケット型WiFiよりは、同時に接続できる端末台数が多い
・引越し先でも使える
・光回線より初期費用が安い
・設定が簡単(コンセントを差すだけ)
デメリット・工事が必要で、利用開始まで2週間~1カ月ほどかかる
・工事の立ち会いが必要な場合がある
・引っ越す際の手続きが多い
・すぐ解約すると工事費の残債が請求される
・持ち運びはできない
・月額料金がやや高めの設定
・自宅でしか利用できない
・速度が遅い
・回線が安定しない
・通信制限があり、一定を超えると料金が高くなる
・バッテリーがないと使えなくなる
・速度が光回線よりは遅い
・回線が安定しない
・通信制限があり、一定を超えると料金が高くなる
・持ち運びはできない
・電波の入りやすさを考慮する必要がある

つまり、モバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)の場合のメリットデメリットは、以下のようになります。

モバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)のメリット

  • 持ち運びができる・外出先でもインターネットに接続できる
  • 工事が不要ですぐに使える
  • 引っ越しなどをしても、そのまま使える
  • プロバイダー契約が不要
  • 月額料金が安い

モバイルルーター(ポケット型WiFi・モバイルWiFi)のデメリット

  • 通信速度は、光回線と比較すると遅い
  • 通信速度があまり安定しない(場所に依存する)
  • バッテリーがなくなると利用できなくなる
  • プランによっては、通信制限がかかる(解除するためにはオプション費用が発生する)

簡単に言うと

モバイルルーターは、外出先で、インターネットを使いたい方におすすめできるインターネットの接続方法

ということになります。

を選ぶ必要があります。しかし、光回線やホームルーターの場合、「自宅に設置しなければならない」ため、自宅(仕事場)でしか利用できないのが最大のデメリットと言えます。

モバイルルーター・ポケットWiFiがおすすめの人とは?

  • 外出先で仕事をする人
  • 営業先でパソコンを利用する人
  • カフェやレストランで仕事をする人
  • カフェやレストランで勉強をする人
  • 外出先で動画配信・動画撮影などをする方
  • 家でも、通信速度よりも、持ち運びができることや、月額料金の安さが重要と考える方

基本的には、外出先でスマホでの操作で用事が済む方には、スマホだけで十分ですので、モバイルルーター・ポケットWiFiは必要ありません。

モバイルルーター・ポケットWiFiが必要になるのは、外出先でパソコンを利用したい方や、家でインターネットを使う場合に「通信速度」より、「持ち運びができる」「月額料金の安さ」「工事などの手間がない」ことを重要と考える方におすすめです。

モバイルルーターの種類には何があるの?

モバイルルーター種類

モバイルルーターの種類には

  1. 月額型のモバイルルーター
  2. SIMフリー型のモバイルルーター(格安SIM)
  3. プリペイド型(買い切り型)のモバイルルーター
  4. レンタル型のモバイルルーター

という4つのモバイルルーターがあります。

モバイルルーター分類モバイルルーター種類回線分類5G対応下り通信速度(実測値)データ制限月額料金
月額型WiMAX系WiMAX98.49Mbps無制限4,452円~
月額型クラウドWiFi系ドコモ・au・ソフトバンク×4.95Mbps制限あり。月1GB~300GB事業者による2,814円~(THE WiFi 100GB)
月額型キャリア系楽天モバイル35.61Mbps無制限3,278円~
月額型キャリア系ドコモ58.04Mbps無制限7,315円~
月額型キャリア系ソフトバンク38.21Mbps制限あり。50GB5,280円~
月額型その他(ワイモバイル)ソフトバンク16.79Mbps3日で10GB4,818円~
SIMフリー型格安SIM系ドコモ・au・ソフトバンク×6.17Mbps制限あり。最大20GB440円~(IIJmio 2GB)
プリペイド型プリペイド系ドコモ・au・ソフトバンク×17.14Mbps制限あり。購入分のみ利用可能0円(100GB:25,000円、追加購入1GB:980円 NEO CHARGE WiFi)
レンタル型レンタル系WiMAX・ドコモ・au・ソフトバンク△機器による△機器による△機器による30日:7,880円~、1日:526円~(Wi-Fiレンタルどっとこむ)

月額型のモバイルルーターとは

初期費用、月額料金、端末料金を支払うことで、モバイルルーター端末が送られてきて、すぐにインターネットを使うことができるモバイルルーターのこと

を言います。

メリット

  • 速度が速い
  • データ制限がない無制限のものがある
  • キャッシュバックなどのキャンペーンが手厚くお得

デメリット

  • 月額料金が高いものもある
  • 速度が遅いものもある

回線の系統によって

  • WiMAX系
  • クラウドWiFi系
  • キャリア系
  • その他(ワイモバイルなど)

があります。

SIMフリー型のモバイルルーター(格安SIM)とは

モバイルルーターにも、SIMフリーで通信会社をどこでも利用できるモバイルルーターがあります。格安SIMのデータ通信プランを契約して、SIMカードを自分で購入したSIMフリーのモバイルルーターに差し込むことで、インターネットを使うことができるようになります。

メリット

  • 格安SIMを使えるので安い
  • どの通信事業者でも利用できる

デメリット

  • 通信速度が遅い
  • 端末料金を自分で支払う必要がある
  • キャッシュバックなどのキャンペーンがない・使えない
  • データの通信制限が厳しい。

プリペイド型(買い切り型)のモバイルルーター

はじめから端末とデータ通信で使えるGBがセットになって販売されているものです。購入すれば、付いているGB数まではインターネットを使うことができるようになります。また、購入した時点のセットのGB数を超えてしまったら、追加でGBを購入することができます。

メリット

  • 一括払いなので、追加費用が発生しない
  • 月額料金が0円
  • 契約の縛りもない

デメリット

  • 通信速度が遅い
  • 端末料金と自分で使うデータ通信枠を自分で支払う必要がある
  • キャッシュバックなどのキャンペーンがない・使えない
  • 購入したデータ通信枠がなくなれば、利用できなくなる

レンタル型のモバイルルーター

1日単位でWiFi事態をレンタルするサービスです。「月額料金で端末と利用料がセットになっている一般的なモバイルルーター」を、1日単位でレンタルすることが可能です。

メリット

  • 1日だけ使いたい場合に料金が安い
  • 最新の機種も借りることが可能

デメリット

  • 通信条件は、レンタルする機器に依存する
  • 1カ月借りると、料金は高くなる
  • キャッシュバックなどのキャンペーンがない・使えない

まとめ

日常的に利用するのであれば

「通信速度が速く」「月額料金が安い」「キャンペーンがお得」という点で、月額料金で端末と利用料がセットになっている月額型のモバイルルーターがおすすめ

です。

それ以外の場合は

  • 少ないデータ通信制限で遅くても良いから料金を安くしたい → SIMフリー型のモバイルルーター(格安SIM)
  • ある程度の短期間(2カ月、3カ月)だけ使いたい方 → プリペイド型(買い切り型)のモバイルルーターがおすすめ
  • 数日単位で利用したい方 → レンタル型のモバイルルーターがおすすめ

となります。

モバイルルーター・ポケットWiFiの選び方

1.速度の速い回線のモバイルルーターを選ぶ

基本的には

通信速度の速いモバイルルーターがおすすめ

です。

なぜなら、現在のパソコンでは、クラウドサービスや動画、ゲーム、オンライン会議など、仕事利用でも、プライベート利用でも、「ある程度の通信速度があることを前提としたインターネットサービス」が多く存在しているため、通信速度が安定しないと、インターネットサービスを満足に利用できないことが多いからです。

その中でも、インターネットを利用するときに多く利用するのは「上り(アップロード)」よりも、「下り(ダウンロード)」です。

つまり、モバイルルーターを選ぶ時には

下り(ダウンロード)の通信速度の速いモバイルルーターがおすすめ

ということになります。

では、どうやって、「下りの速度が速いモバイルルーター」を見つければ良いでしょうか?

モバイルルーターの回線というのは、数は多くありません。主なモバイルルーターの回線は、以下になります。

  • WiMAX → UQコミュニケーションズが提供するモバイルWiFiサービス:WiMAX回線とau回線(4G/5G)
  • クラウドWiF → クラウドSIMに対応したモバイルWiFiサービス:ソフトバンク回線/ドコモ回線/au回線
  • 楽天モバイル → 楽天回線/au回線
  • ワイモバイル → ソフトバンク回線

上記の中でも、とくに「WiMAX」と「クラウドWiFi」は、回線を多くのサービス事業者(MVNO)に開放しているため、多くの通信事業者が「WiMAX」と「クラウドWiFi」を提供しています。

同じ回線を使っていれば、速度は同じになります。

「WiMAX」と「クラウドWiFi」比較

主要なモバイルWiFi回線WiMAXクラウドWiFi
端末モバイルルーター
ホームルーター
モバイルルーター
データ容量無制限制限あり
最大速度下り最大4.2Gbps
上り最大183Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
通信制限無制限使用量を超えると128kbpsに制限
海外利用不可
月額料金高い安い

「WiMAX回線」と「クラウドWiFi回線」を比較すると、圧倒的に「WiMAX回線」の方が速いのです。

しかし、これはあくまでも「最速」の数値なので、実際の数値とは乖離があります。

「本当に速い」モバイルルーターの回線を見つけるためには、実際に測定した「実測値」で比較する必要があります。

回線ごとの下り通信速度

事業者回線下り通信速度上り通信速度平均Ping値件数
UQ WiMAXWiMAX回線98.49Mbps15.45Mbps44.25ms818件
THE WiFiクラウドWiFi回線4.95Mbps9.39Mbps61.65ms2件
Rakuten WiFi Pocket楽天回線35.61Mbps23.50Mbps48.66ms533件
Pocket WiFiソフトバンク回線27.97Mbps3.54Mbps61.40ms3件

みんなのネット回線速度(みんそく)で、各回線の平均値を測定しています。みんなのネット回線速度(みんそく)では、測定した方の速度をデータベース化し、光回線サービスごとの速度が表示しています。直近3カ月に計測された約200万~300万件の光回線の測定結果の数値なので、十分な統計データを持っている信頼できるデータと言えます。

下り(ダウンロード)の通信速度の速さの全国平均値で比較すると

  1. WiMAX回線
  2. 楽天回線
  3. ソフトバンク回線
  4. クラウドWiFi回線

という順番になります。

つまり、モバイルルーターを選ぶ場合は

下り(ダウンロード)の通信速度の速いモバイルルーター = WiMAX回線・楽天回線

がおすすめということになります。

2.都市・郊外などお住まいのエリアでの通信速度の速さが重要

前述した速度は「全国平均値」です。

しかし、モバイルルーターは、場所によって、速度が大きく変わってくるのです。

平均値では、速度が低かった「クラウドWiFi」ですが、「クラウドWiFi」は、ソフトバンク回線/ドコモ回線/au回線という大手のキャリアの回線を借りているため、プラチナバンドを利用することができます。

プラチナバンドとは

プラチナバンドとは、700~900メガヘルツ(MHz)の周波数帯を指す通称のことで、この電波はビルなどの障害物に強く、屋内や地下でも電波が届きやすいのが特徴とされています。プラチナバンドは携帯電話の通信品質向上に貢献し、5Gの普及には欠かせない周波数帯ですが、現在、日本のキャリアでプラチナバンドを利用しているのはドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルの4社に限られています。

プラチナバンドは

  • 通常の電波よりも遠くまで届く
  • 内や地下でも電波が届く

という特徴があるため、電波が届きにくい郊外では「WiMAX回線」よりも、「クラウドWiFi」の方が速いということが起こりうるのです。

  • 都心部にお住まいで、外出先も都心部の方 → 都心部の通信速度が速いモバイルルーターがおすすめ
  • 郊外にお住まいで、外出先も郊外の方 → 郊外の通信速度が速いモバイルルーターがおすすめ

ということになります。

都心の下りの通信速度ランキング(※東京都のデータ)

サービス名都心下り通信速度(実測値)都心上り通信速度(実測値)都心PING値(実測値)
UQ WiMAX185.46Mbps18.94Mbps36.3ms
DTI WiMAX185.46Mbps18.94Mbps36.3ms
カシモWiMAX185.46Mbps18.94Mbps36.3ms
BIGLOBE WiMAX185.46Mbps18.94Mbps36.3ms
GMOとくとくBB WiMAX185.46Mbps18.94Mbps36.3ms
Broad WiMAX185.46Mbps18.94Mbps36.3ms
データプラン50GB(データ通信)117.00Mbps23.46Mbps47.5ms
ホリエのWiFi39.93Mbps3.83Mbps29.0ms
Pocket WiFi30.58Mbps10.06Mbps49.6ms
MUGEN WiFi27.43Mbps1.69Mbps31.0ms
Rakuten最強プラン17.97Mbps23.39Mbps42.3ms
ZEUS WiFi12.64Mbps8.75Mbps48.6ms
THE WiFi9.86Mbps5.09Mbps41.0ms
縛りなしWiFi7.28Mbps7.89Mbps44.5ms

郊外の下りの通信速度ランキング(※栃木県のデータ)

サービス名郊外下り通信速度(実測値)郊外上り通信速度(実測値)郊外PING値(実測値)
Rakuten最強プラン44.19Mbps35.72Mbps35.4ms
ホリエのWiFi39.93Mbps3.83Mbps29.0ms
縛りなしWiFi34.25Mbps6.41Mbps48.0ms
データプラン50GB(データ通信)32.81Mbps11.53Mbps34.0ms
UQ WiMAX28.14Mbps8.85Mbps36.7ms
DTI WiMAX28.14Mbps8.85Mbps36.7ms
カシモWiMAX28.14Mbps8.85Mbps36.7ms
BIGLOBE WiMAX28.14Mbps8.85Mbps36.7ms
GMOとくとくBB WiMAX28.14Mbps8.85Mbps36.7ms
Broad WiMAX28.14Mbps8.85Mbps36.7ms
MUGEN WiFi17.28Mbps9.82Mbps35.8ms
Pocket WiFi10.91Mbps2.97Mbps68.0ms
ZEUS WiFi10.77Mbps7.19Mbps45.0ms
THE WiFi6.12Mbps2.17Mbps49.0ms

3.速度が同じ回線なら、料金が安いモバイルルーターがおすすめ

基本的には、モバイルルーターでは

  1. モバイルルーターで重要なポイントは「通信速度」
  2. 同じ回線の場合、同じ端末を利用すれば、速度は同じになる

です。

ここである程度絞り込めた上で、さらにモバイルルーターを選ぶポイントになるのは「料金の安さ」です。

例えば、通信速度の速い「WiMAX回線」を利用しているのであれば、複数の事業者が「WiMAX」を提供していて、速度は同じなので、「WiMAX」を提供している事業者の中で、一番安い料金の事業者を選ぶ方が良いということになります。

ただし、注意しなければならないのは「端末料金」です。

  • 端末料金が実質0円というモバイルルーター
  • 端末料金が3万円程度かかるモバイルルーター

もあります。

総コスト = 月額料金 × 利用期間(○か月) + 端末料金

で、総コストを計算し、一定レベルの速度があったうえで、総コストが安いモバイルルーターがおすすめです。

コストの安いモバイルルーターランキング

サービス名プラン名・条件3年利用時の実質月額料金2年利用時の実質月額料金1年利用時の実質月額料金端末代金
Rakuten最強プラン20GB以上利用時3,278円3,278円3,278円実質1円
ZEUS WiFiギガ特盛100GB3,418円3,221円3,182円0円
THE WiFi100GBプラン3,472円3,301円2,814円0円(プラン解約時は月550円)
MUGEN WiFiクラウドSIMプラン3,500円3,500円3,500円0円
ホリエのWiFi4,180円4,180円4,925円2年で実質0円
BIGLOBE WiMAXギガ放題プラスSプラン4,452円4,863円5,869円27,720円
GMOとくとくBB WiMAX4,564円4,907円5,965円27,720円
DTI WiMAXギガ放題プラスSプラン4,605円4,915円5,796円27,720円
Broad WiMAXギガ放題コスパDXプラン4,654円5,077円6,281円31,680円
縛りなしWiFi90GBプラン4,789円4,774円4,734円0円
カシモWiMAX縛りなしSA端末プラン4,815円5,152円6,172円3年で実質0円
UQ WiMAXギガ放題プラスSプラン5,067円5,858円6,696円27,720円
Pocket WiFiプラン2(ベーシック)、アドバンスオプション加入時5,110円5,250円5,649円28,800円(割引あり)
データプラン50GB(データ通信)データプラン50GB(データ通信)7,070円7,930円10,375円66,240円

4.通信制限が無制限のモバイルルーターを選ぼう

モバイルルーターには

  • 月100GBまで、月50GBまでのように制限がかかるタイプのモバイルルーター
  • 無制限で使えるモバイルルーター

があります。

制限を超えて利用してしまうと、急激に回線速度が遅くなり、ウェブサイトの閲覧すら、満足にできない状況になってしまいます。

例えば、「縛りなしWiFi」の場合、制限を超えると「下り最大128kbpsの速度制限」がかかってしまいます。

128kbpsでできることは

  • LINEメッセージ:○
  • 通話:△
  • x:△
  • Instagram:×
  • facebook:×
  • 地図:△
  • ニュース:△
  • Youtube:×
  • オンラインゲーム:×
  • データアップロード:×
  • データダウンロード:×

と、LINEがギリギリできるレベルまで、速度が制限されてしまうのです。

これが月末のギリギリで、明日にはもとに戻るのであれば、我慢できますが、月の半分で制限状態になってしまったら、2週間は、この状態で生活しなければならないのです。到底、我慢できるものではありません。

オプション料金を払えば、制限を解除することもできますが、基本的にコストが割高になってしまうので

はじめから無制限で利用できるモバイルルーターを選ぶ

ということが重要なのです。

通信速度無制限のモバイルルーター一覧

サービス名回線タイプ基本月額料金端末代金都心下り通信速度(実測値)短期間の通信制限
Rakuten最強プラン楽天回線、au回線(パートナー回線)3,278円実質1円17.97Mbps制限なし
Broad WiMAXWiMAX +5G4,818円31,680円185.46Mbps制限なし
GMOとくとくBB WiMAXWiMAX +5G4,807円27,720円185.46Mbps制限なし
BIGLOBE WiMAXWiMAX +5G4,928円27,720円185.46Mbps制限なし
カシモWiMAXWiMAX +5G4,818円3年で実質0円185.46Mbps制限なし
DTI WiMAXWiMAX +5G4,730円27,720円185.46Mbps制限なし
UQ WiMAXWiMAX +5G4,950円27,720円185.46Mbps制限なし
ZEUS WiFiクラウドWiFi3,828円0円12.64Mbps制限なし
MUGEN WiFiクラウドWiFi3,500円0円27.43Mbps制限なし
THE WiFiクラウドWiFi3,828円0円(プラン解約時は月550円)9.86Mbps制限なし
縛りなしWiFiクラウドWiFi4,818円0円7.28Mbps制限なし
データプラン50GB(データ通信)ソフトバンク回線5,280円66,240円117.00Mbps制限なし

モバイルルーター・ポケットWiFi比較

順位サービス名運営会社ポイント回線タイプ基本月額料金プラン名・条件3年利用時の実質月額料金2年利用時の実質月額料金1年利用時の実質月額料金端末代金都心下り通信速度(実測値)都心上り通信速度(実測値)郊外下り通信速度(実測値)郊外上り通信速度(実測値)月間データ上限短期間の通信制限都心PING値(実測値)郊外PING値(実測値)5G対応端末バッテリー容量支払方法サイズ重量月額料金の安さ都心下り通信速度郊外下り通信速度重量の軽さバッテリー容量の多さ総合公式
1位Rakuten最強プラン楽天モバイル速度が速く、かつ総コストが安い抜群のコストパフォーマンス楽天回線、au回線(パートナー回線)3,278円20GB以上利用時3,278円3,278円3,278円実質1円17.97Mbps23.39Mbps44.19Mbps35.72Mbps上限なし制限なし42.3ms35.4msRakuten WiFi Pocket 2C2,520mAhクレジットカード、口座振替63.8×107.3×15mm106g5.001.245.005.001.003.45公式サイト
2位Broad WiMAXLink Life速度が速く、無制限で利用可能。キャンペーンも手厚いWiMAX +5G4,818円ギガ放題コスパDXプラン4,654円5,077円6,281円31,680円185.46Mbps18.94Mbps28.14Mbps8.85Mbps上限なし制限なし36.3ms36.7msSpeed Wi-Fi 5G X125,000mAhクレジットカード、口座振替147×76×10.9mm203g2.145.003.231.994.583.39公式サイト
3位GMOとくとくBB WiMAXGMOインターネットグループ速度が速く、無制限で利用可能。キャンペーンが手厚く、3年のキャッシュバックありWiMAX +5G4,807円4,564円4,907円5,965円27,720円185.46Mbps18.94Mbps28.14Mbps8.85Mbps上限なし制限なし36.3ms36.7msSpeed Wi-Fi 5G X123,200mAhクレジットカード111×62×13.3mm127g2.175.003.234.292.023.34公式サイト
4位BIGLOBE WiMAXビッグローブWiMAXの中では月額料金が1位、2位を争う安さWiMAX +5G4,928円ギガ放題プラスSプラン4,452円4,863円5,869円27,720円185.46Mbps18.94Mbps28.14Mbps8.85Mbps上限なし制限なし36.3ms36.7msSpeed Wi-Fi 5G X125,000mAhクレジットカード、口座振替147×76×10.9mm203g1.875.003.231.994.583.33公式サイト
5位カシモWiMAXMEモバイル端末代が実質0円で総コストを抑えて利用できるWiMAXWiMAX +5G4,818円縛りなしSA端末プラン4,815円5,152円6,172円3年で実質0円185.46Mbps18.94Mbps28.14Mbps8.85Mbps上限なし制限なし36.3ms36.7msSpeed Wi-Fi 5G X125,000mAhクレジットカード147×76×10.9mm203g2.145.003.231.994.583.39公式サイト
6位DTI WiMAXドリーム・トレイン・インターネットWiMAXで速度が速い。最大37カ月のキャッシュバックありWiMAX +5G4,730円ギガ放題プラスSプラン4,605円4,915円5,796円27,720円185.46Mbps18.94Mbps28.14Mbps8.85Mbps上限なし制限なし36.3ms36.7msSpeed Wi-Fi 5G X123,200mAhクレジットカード111×62×13.3mm127g2.365.003.234.292.023.38公式サイト
7位UQ WiMAXUQコミュニケーションズ他のWiMAXの大元で回線も速いが、料金はWiMAX回線の中でも高めWiMAX +5G4,950円ギガ放題プラスSプラン5,067円5,858円6,696円27,720円185.46Mbps18.94Mbps28.14Mbps8.85Mbps上限なし制限なし36.3ms36.7msSpeed Wi-Fi 5G X125,000mAhクレジットカード、口座振替147×76×10.9mm203g1.815.003.231.994.583.32公式サイト
8位ZEUS WiFiHUMAN LIFEクラウドWiFiの中でも安い月額料金。プランも豊富クラウドWiFi3,828円ギガ特盛100GB3,418円3,221円3,182円0円12.64Mbps8.75Mbps10.77Mbps7.19Mbps100GB制限なし48.6ms45.0msH012,700mAhクレジットカード126×64×13mm130g4.081.121.474.191.272.42公式サイト
9位MUGEN WiFiFREEDiVE月額料金が安く、30日間返金保証でお試し可能クラウドWiFi3,500円クラウドSIMプラン3,500円3,500円3,500円0円27.43Mbps1.69Mbps17.28Mbps9.82Mbps100GB制限なし31.0ms35.8msGLMU19A023,000mAhクレジットカード126×66×10mm125g4.631.442.124.361.722.85公式サイト
10位THE WiFiスマートモバイルコミュニケーションズ細かく、通信制限の設定が可能。GBの追加も最大3回まで可能クラウドWiFi3,828円100GBプラン3,472円3,301円2,814円0円(プラン解約時は月550円)9.86Mbps5.09Mbps6.12Mbps2.17Mbps100GB制限なし41.0ms49.0msNA013,500mAhクレジットカード126×66×12.6mm148g4.081.061.003.582.462.44公式サイト
11位ホリエのWiFiエックスモバイル最大300GB使えるが、1日10GBの制限があるため、集中して使う日がある人には厳しいクラウドWiFi4,180円4,180円4,180円4,925円2年で実質0円39.93Mbps3.83Mbps39.93Mbps3.83Mbps300GB1日で10GB29.0ms29.0msNA013,500mAhクレジットカード126×66×12.6mm148g3.491.724.533.582.463.16公式サイト
12位縛りなしWiFiHUMAN LIFEクラウドWiFiの中でも、月額料金が高めの設定クラウドWiFi4,818円90GBプラン4,789円4,774円4,734円0円7.28Mbps7.89Mbps34.25Mbps6.41Mbps90GB制限なし44.5ms48.0msH013,000mAhクレジットカード、口座振替126×66×10mm(U3の場合)125g2.141.003.904.361.722.62公式サイト
13位Pocket WiFiワイモバイル都心の速度はやや速いが、郊外の速度が遅い。制限が7GBと厳しいソフトバンク回線4,818円プラン2(ベーシック)、アドバンスオプション加入時5,110円5,250円5,649円28,800円(割引あり)30.58Mbps10.06Mbps10.91Mbps2.97Mbps上限なし3日で10GB49.6ms68.0msPocket WiFi 5G A102ZT5,300mAhクレジットカード、口座振替141×69×15.9mm240g2.141.511.481.005.002.23公式サイト
14位データプラン50GB(データ通信)ソフトバンクデータ容量の制限が厳しい。また、キャンペーンなどがなく総コストが大きいソフトバンク回線5,280円データプラン50GB(データ通信)7,070円7,930円10,375円66,240円117.00Mbps23.46Mbps32.81Mbps11.53Mbps50GB制限なし47.5ms34.0ms携帯端末4,100mAhクレジットカード、口座振替133×73×18.6mm225g1.003.433.741.403.332.58公式サイト

モバイルルーター・ポケットWiFiランキング

1位

Rakuten最強プラン

楽天モバイル

回線タイプ楽天回線、au回線(パートナー回線)
基本月額料金3,278円
プラン名・条件20GB以上利用時
端末代金実質1円
都心下り通信速度(実測値)17.97Mbps
都心上り通信速度(実測値)23.39Mbps
郊外下り通信速度(実測値)44.19Mbps
郊外上り通信速度(実測値)35.72Mbps
月間データ上限上限なし
月額料金の安さ5.00
都心下り通信速度1.24
郊外下り通信速度5.00
重量の軽さ5.00
バッテリー容量の多さ1.00
総合3.45

Rakuten最強プランがおすすめの理由

Rakuten最強プランがおすすめの理由は「実測値の速度が速い」「プラチナバンドが使えるため郊外でも速い」「総コストが安い」という点です。

Rakuten最強プランは、楽天モバイルのための回線を利用したモバイルルーターです。実測値は、WiMAXに次いで速い実績があり、速度の速さがメリットのモバイルルーターと言えます。無制限で利用可能です。

また、楽天モバイルの回線では、プラチナバンドが使えるため、郊外であっても、比較的速度の速いインターネット環境が整得られるのです。

さらに端末料金を含めた総コストでも、業界1位、2位を争う料金の安さがあるため、コストパフォーマンスとしては抜群に良いモバイルルーターです。

デメリットは、都心部でWiMAXと比較するとやや速度が劣る点です。

回線タイプ楽天回線、au回線(パートナー回線)
基本月額料金3,278円
プラン名・条件20GB以上利用時
3年利用時の実質月額料金3,278円
2年利用時の実質月額料金3,278円
1年利用時の実質月額料金3,278円
端末代金実質1円
都心下り通信速度(実測値)17.97Mbps
都心上り通信速度(実測値)23.39Mbps
郊外下り通信速度(実測値)44.19Mbps
郊外上り通信速度(実測値)35.72Mbps

月間データ上限上限なし
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)42.3ms
郊外PING値(実測値)35.4ms
5G対応
端末Rakuten WiFi Pocket 2C
バッテリー容量2,520mAh
支払方法クレジットカード、口座振替
サイズ63.8×107.3×15mm
重量106g

2位

Broad WiMAX

Link Life

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,818円
プラン名・条件ギガ放題コスパDXプラン
端末代金31,680円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps
月間データ上限上限なし
月額料金の安さ2.14
都心下り通信速度5.00
郊外下り通信速度3.23
重量の軽さ1.99
バッテリー容量の多さ4.58
総合3.39

Broad WiMAXがおすすめの理由

Broad WiMAXがおすすめの理由は「実測値の速度が速い」「都心部で速い」「無制限」という点です。

Broad WiMAXは、WiMAX回線を利用しているモバイルルーターのため、速度が業界トップクラスの速さで、とくに都心部での通信速度が速いメリットがあります。また、通信制限はなく、無制限で利用可能です。

また、キャンペーンが手厚く、適用できるキャンペーンによっては、かなり総コストを抑えて利用することができます。

デメリットは、選ぶキャンペーンによって、端末代金などの支払いが発生することもあるため、選ぶ前にキャンペーン内容をしっかり把握しておく必要があります。

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,818円
プラン名・条件ギガ放題コスパDXプラン
3年利用時の実質月額料金4,654円
2年利用時の実質月額料金5,077円
1年利用時の実質月額料金6,281円
端末代金31,680円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps

月間データ上限上限なし
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)36.3ms
郊外PING値(実測値)36.7ms
5G対応
端末Speed Wi-Fi 5G X12
バッテリー容量5,000mAh
支払方法クレジットカード、口座振替
サイズ147×76×10.9mm
重量203g

3位

GMOとくとくBB WiMAX

GMOインターネットグループ

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,807円
プラン名・条件
端末代金27,720円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps
月間データ上限上限なし
月額料金の安さ2.17
都心下り通信速度5.00
郊外下り通信速度3.23
重量の軽さ4.29
バッテリー容量の多さ2.02
総合3.34

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめの理由

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめの理由は「実測値の速度が速い」「最短即日発送」「無制限」「解約違約金なし」という点です。

GMOとくとくBB WiMAXは、WiMAX回線を利用しているモバイルルーターのため、速度が業界トップクラスの速さで、とくに都心部での通信速度が速いメリットがあります。また、通信制限はなく、無制限で利用可能です。

また、キャンペーンが手厚く、適用できるキャンペーンによっては、3年間継続されるキャッシュバックもあり、かなり総コストを抑えて利用することができます。

さらに解約違約金0円で、最短即日発行なので、すぐに利用できるメリットがあります。

デメリットは、端末代金などの支払いが発生するため、分割とは言っても、端末料金分の費用負担が必要になります。

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,807円
プラン名・条件
3年利用時の実質月額料金4,564円
2年利用時の実質月額料金4,907円
1年利用時の実質月額料金5,965円
端末代金27,720円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps

月間データ上限上限なし
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)36.3ms
郊外PING値(実測値)36.7ms
5G対応
端末Speed Wi-Fi 5G X12
バッテリー容量3,200mAh
支払方法クレジットカード
サイズ111×62×13.3mm
重量127g

4位

BIGLOBE WiMAX

ビッグローブ

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,928円
プラン名・条件ギガ放題プラスSプラン
端末代金27,720円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps
月間データ上限上限なし
月額料金の安さ1.87
都心下り通信速度5.00
郊外下り通信速度3.23
重量の軽さ1.99
バッテリー容量の多さ4.58
総合3.33

BIGLOBE WiMAXがおすすめの理由

BIGLOBE WiMAXがおすすめの理由は「実測値の速度が速い」「最短即日発送」「WiMAXの中で、月額料金が安い」「解約違約金なし」という点です。

BIGLOBE WiMAXは、WiMAX回線を利用しているモバイルルーターのため、速度が業界トップクラスの速さで、とくに都心部での通信速度が速いメリットがあります。また、通信制限はなく、無制限で利用可能です。

また、WiMAXの中では月額料金が1位、2位を争う安さですので、かなり総コストを抑えて利用することができます。

さらに解約違約金0円で、最短即日発行なので、すぐに利用できるメリットがあります。

デメリットは、端末代金などの支払いが発生するため、分割とは言っても、端末料金分の費用負担が必要になります。

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,928円
プラン名・条件ギガ放題プラスSプラン
3年利用時の実質月額料金4,452円
2年利用時の実質月額料金4,863円
1年利用時の実質月額料金5,869円
端末代金27,720円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps

月間データ上限上限なし
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)36.3ms
郊外PING値(実測値)36.7ms
5G対応
端末Speed Wi-Fi 5G X12
バッテリー容量5,000mAh
支払方法クレジットカード、口座振替
サイズ147×76×10.9mm
重量203g

5位

カシモWiMAX

MEモバイル

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,818円
プラン名・条件縛りなしSA端末プラン
端末代金3年で実質0円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps
月間データ上限上限なし
月額料金の安さ2.14
都心下り通信速度5.00
郊外下り通信速度3.23
重量の軽さ1.99
バッテリー容量の多さ4.58
総合3.39

カシモWiMAXがおすすめの理由

カシモWiMAXがおすすめの理由は「実測値の速度が速い」「端末代は月額負担0円」「解約違約金なし」という点です。

カシモWiMAXは、WiMAX回線を利用しているモバイルルーターのため、速度が業界トップクラスの速さで、とくに都心部での通信速度が速いメリットがあります。また、通信制限はなく、無制限で利用可能です。

また、カシモWiMAXは、端末代が実質負担0円です。総コストを抑えて利用できるWiMAXと言えます。

さらに解約違約金0円で、最短翌日から利用開始できるので、すぐに利用できるメリットがあります。

デメリットは、端末代金が実質0円の分、WiMAXの中では月額料金が若干高めの設定となっています。

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,818円
プラン名・条件縛りなしSA端末プラン
3年利用時の実質月額料金4,815円
2年利用時の実質月額料金5,152円
1年利用時の実質月額料金6,172円
端末代金3年で実質0円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps

月間データ上限上限なし
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)36.3ms
郊外PING値(実測値)36.7ms
5G対応
端末Speed Wi-Fi 5G X12
バッテリー容量5,000mAh
支払方法クレジットカード
サイズ147×76×10.9mm
重量203g

6位

DTI WiMAX

ドリーム・トレイン・インターネット

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,730円
プラン名・条件ギガ放題プラスSプラン
端末代金27,720円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps
月間データ上限上限なし
月額料金の安さ2.36
都心下り通信速度5.00
郊外下り通信速度3.23
重量の軽さ4.29
バッテリー容量の多さ2.02
総合3.38

DTI WiMAXがおすすめの理由

DTI WiMAXがおすすめの理由は「実測値の速度が速い」「都心部で速い」「無制限」「最大37カ月のキャッシュバックあり」という点です。

DTI WiMAXは、WiMAX回線を利用しているモバイルルーターのため、速度が業界トップクラスの速さで、とくに都心部での通信速度が速いメリットがあります。また、通信制限はなく、無制限で利用可能です。

また、月額料金が安く、最大37カ月のキャッシュバックで月額料金を抑えて利用できるメリットがあります。

デメリットは、端末代金が発生し、一括払いになるため、初期コストの負担が大きくなる点です。

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,730円
プラン名・条件ギガ放題プラスSプラン
3年利用時の実質月額料金4,605円
2年利用時の実質月額料金4,915円
1年利用時の実質月額料金5,796円
端末代金27,720円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps

月間データ上限上限なし
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)36.3ms
郊外PING値(実測値)36.7ms
5G対応
端末Speed Wi-Fi 5G X12
バッテリー容量3,200mAh
支払方法クレジットカード
サイズ111×62×13.3mm
重量127g

7位

UQ WiMAX

UQコミュニケーションズ

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,950円
プラン名・条件ギガ放題プラスSプラン
端末代金27,720円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps
月間データ上限上限なし
月額料金の安さ1.81
都心下り通信速度5.00
郊外下り通信速度3.23
重量の軽さ1.99
バッテリー容量の多さ4.58
総合3.32

UQ WiMAXがおすすめの理由

UQ WiMAXがおすすめの理由は「実測値の速度が速い」「都心部で速い」「無制限」「WiMAX回線の大元の信頼性」という点です。

UQ WiMAXは、WiMAX回線の大元です。他のWiMAX回線と比較して、大元だから速いというわけではありませんが、速度が業界トップクラスの速さで、とくに都心部での通信速度が速いメリットがあります。また、サポートが手厚く、CMなどで知名度も高い分、安心して利用できる信頼感があります。

デメリットは、WiMAXの中では、月額料金が高めの設定で、端末料金も発生するため、総コストの負担は大きい点です。

回線タイプWiMAX +5G
基本月額料金4,950円
プラン名・条件ギガ放題プラスSプラン
3年利用時の実質月額料金5,067円
2年利用時の実質月額料金5,858円
1年利用時の実質月額料金6,696円
端末代金27,720円
都心下り通信速度(実測値)185.46Mbps
都心上り通信速度(実測値)18.94Mbps
郊外下り通信速度(実測値)28.14Mbps
郊外上り通信速度(実測値)8.85Mbps

月間データ上限上限なし
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)36.3ms
郊外PING値(実測値)36.7ms
5G対応
端末Speed Wi-Fi 5G X12
バッテリー容量5,000mAh
支払方法クレジットカード、口座振替
サイズ147×76×10.9mm
重量203g

8位

ZEUS WiFi

HUMAN LIFE

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金3,828円
プラン名・条件ギガ特盛100GB
端末代金0円
都心下り通信速度(実測値)12.64Mbps
都心上り通信速度(実測値)8.75Mbps
郊外下り通信速度(実測値)10.77Mbps
郊外上り通信速度(実測値)7.19Mbps
月間データ上限100GB
月額料金の安さ4.08
都心下り通信速度1.12
郊外下り通信速度1.47
重量の軽さ4.19
バッテリー容量の多さ1.27
総合2.42

ZEUS WiFiがおすすめの理由

ZEUS WiFiがおすすめの理由は「コストが安い」「プランが豊富」「海外でもそのまま使える」という点です。

ZEUS WiFiは、クラウドWiFiの回線を使っているモバイルルーターです。クラウドWiFiの特徴としては、プラチナバンドが使えるため、郊外での速度が速く、海外でもそのまま利用できるメリットがあります。

ZEUS WiFiは、その中でも、月額料金が安い設定で、キャッシュバックもあるため、コストを抑えてWiFiを利用したい方におすすめです。

さらに通信制限はあるものの、プランが多いため、自分の利用状況にあったプランを選択することで、コストを抑えることが可能です。

デメリットは、都心部では通信速度が遅いことと、速度制限があることです。

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金3,828円
プラン名・条件ギガ特盛100GB
3年利用時の実質月額料金3,418円
2年利用時の実質月額料金3,221円
1年利用時の実質月額料金3,182円
端末代金0円
都心下り通信速度(実測値)12.64Mbps
都心上り通信速度(実測値)8.75Mbps
郊外下り通信速度(実測値)10.77Mbps
郊外上り通信速度(実測値)7.19Mbps

月間データ上限100GB
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)48.6ms
郊外PING値(実測値)45.0ms
5G対応
端末H01
バッテリー容量2,700mAh
支払方法クレジットカード
サイズ126×64×13mm
重量130g

9位

MUGEN WiFi

FREEDiVE

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金3,500円
プラン名・条件クラウドSIMプラン
端末代金0円
都心下り通信速度(実測値)27.43Mbps
都心上り通信速度(実測値)1.69Mbps
郊外下り通信速度(実測値)17.28Mbps
郊外上り通信速度(実測値)9.82Mbps
月間データ上限100GB
月額料金の安さ4.63
都心下り通信速度1.44
郊外下り通信速度2.12
重量の軽さ4.36
バッテリー容量の多さ1.72
総合2.85

MUGEN WiFiがおすすめの理由

MUGEN WiFiがおすすめの理由は「コストが安い」「端末料金が実質0円」「海外でもそのまま使える」という点です。

MUGEN WiFiは、クラウドWiFiの回線を使っているモバイルルーターです。クラウドWiFiの特徴としては、プラチナバンドが使えるため、郊外での速度が速く、海外でもそのまま利用できるメリットがあります。

ZEUS WiFiは、その中でも、端末料金が実質0円で、30日間のお試しプランがあるので、クラウドWiFiを試してみたい方におすすめのモバイルルーターです。

さらに通信制限はあるものの、100GBのプランなので、よほど多く利用しない限りは、制限ないで利用できる方が多いはずです。

デメリットは、都心部では通信速度が遅いことと、速度制限があることです。

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金3,500円
プラン名・条件クラウドSIMプラン
3年利用時の実質月額料金3,500円
2年利用時の実質月額料金3,500円
1年利用時の実質月額料金3,500円
端末代金0円
都心下り通信速度(実測値)27.43Mbps
都心上り通信速度(実測値)1.69Mbps
郊外下り通信速度(実測値)17.28Mbps
郊外上り通信速度(実測値)9.82Mbps

月間データ上限100GB
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)31.0ms
郊外PING値(実測値)35.8ms
5G対応
端末GLMU19A02
バッテリー容量3,000mAh
支払方法クレジットカード
サイズ126×66×10mm
重量125g

10位

THE WiFi

スマートモバイルコミュニケーションズ

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金3,828円
プラン名・条件100GBプラン
端末代金0円(プラン解約時は月550円)
都心下り通信速度(実測値)9.86Mbps
都心上り通信速度(実測値)5.09Mbps
郊外下り通信速度(実測値)6.12Mbps
郊外上り通信速度(実測値)2.17Mbps
月間データ上限100GB
月額料金の安さ4.08
都心下り通信速度1.06
郊外下り通信速度1.00
重量の軽さ3.58
バッテリー容量の多さ2.46
総合2.44

THE WiFiがおすすめの理由

THE WiFiがおすすめの理由は「コストが安い」「制限が細かく設定可能」「端末料金が実質0円」「海外でもそのまま使える」という点です。

THE WiFiは、クラウドWiFiの回線を使っているモバイルルーターです。クラウドWiFiの特徴としては、プラチナバンドが使えるため、郊外での速度が速く、海外でもそのまま利用できるメリットがあります。

THE WiFiは、その中でも、端末料金が実質0円で、30日間のお試しプランがあるので、クラウドWiFiを試してみたい方におすすめのモバイルルーターです。

さらに通信制限はあるものの、1GB~100GBまで、細かくプランが分かれていて、かつ使い切っても、毎月最大3回(30GB)まで、データ容量の追加が可能となっています。

デメリットは、都心部では通信速度が遅いことと、速度制限があることです。

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金3,828円
プラン名・条件100GBプラン
3年利用時の実質月額料金3,472円
2年利用時の実質月額料金3,301円
1年利用時の実質月額料金2,814円
端末代金0円(プラン解約時は月550円)
都心下り通信速度(実測値)9.86Mbps
都心上り通信速度(実測値)5.09Mbps
郊外下り通信速度(実測値)6.12Mbps
郊外上り通信速度(実測値)2.17Mbps

月間データ上限100GB
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)41.0ms
郊外PING値(実測値)49.0ms
5G対応
端末NA01
バッテリー容量3,500mAh
支払方法クレジットカード
サイズ126×66×12.6mm
重量148g

11位

ホリエのWiFi

エックスモバイル

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金4,180円
プラン名・条件
端末代金2年で実質0円
都心下り通信速度(実測値)39.93Mbps
都心上り通信速度(実測値)3.83Mbps
郊外下り通信速度(実測値)39.93Mbps
郊外上り通信速度(実測値)3.83Mbps
月間データ上限300GB
月額料金の安さ3.49
都心下り通信速度1.72
郊外下り通信速度4.53
重量の軽さ3.58
バッテリー容量の多さ2.46
総合3.16

ホリエのWiFiがおすすめの理由

ホリエのWiFiがおすすめの理由は「コストが安い」「制限が大きい」「端末料金が実質0円」「海外でもそのまま使える」という点です。

ホリエのWiFiは、クラウドWiFiの回線を使っているモバイルルーターです。クラウドWiFiの特徴としては、プラチナバンドが使えるため、郊外での速度が速く、海外でもそのまま利用できるメリットがあります。

ホリエのWiFiは、その中でも、端末料金が実質0円で、通信制限が最大300GBという大きな制限があることがメリットです。

さらにずっと月額が料金が定額なので、安心して使い続けられるメリットがあります。

デメリットは、都心部では通信速度が遅いことと、速度制限があることです。とくにホリエのWiFiは、1日の制限が10GBになっているため、集中して使う日があるとすぐに制限がかかってしまうデメリットがあります。

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金4,180円
プラン名・条件
3年利用時の実質月額料金4,180円
2年利用時の実質月額料金4,180円
1年利用時の実質月額料金4,925円
端末代金2年で実質0円
都心下り通信速度(実測値)39.93Mbps
都心上り通信速度(実測値)3.83Mbps
郊外下り通信速度(実測値)39.93Mbps
郊外上り通信速度(実測値)3.83Mbps

月間データ上限300GB
短期間の通信制限1日で10GB
都心PING値(実測値)29.0ms
郊外PING値(実測値)29.0ms
5G対応
端末NA01
バッテリー容量3,500mAh
支払方法クレジットカード
サイズ126×66×12.6mm
重量148g

12位

縛りなしWiFi

HUMAN LIFE

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金4,818円
プラン名・条件90GBプラン
端末代金0円
都心下り通信速度(実測値)7.28Mbps
都心上り通信速度(実測値)7.89Mbps
郊外下り通信速度(実測値)34.25Mbps
郊外上り通信速度(実測値)6.41Mbps
月間データ上限90GB
月額料金の安さ2.14
都心下り通信速度1.00
郊外下り通信速度3.90
重量の軽さ4.36
バッテリー容量の多さ1.72
総合2.62

縛りなしWiFiがおすすめの理由

縛りなしWiFiがおすすめの理由は「コストが安い」「制限が細かく設定可能」「端末料金が実質0円」「契約期間の縛りがない」「海外でもそのまま使える」という点です。

縛りなしWiFiは、クラウドWiFiの回線を使っているモバイルルーターです。クラウドWiFiの特徴としては、プラチナバンドが使えるため、郊外での速度が速く、海外でもそのまま利用できるメリットがあります。

縛りなしWiFiは、その中でも、端末料金が実質0円で、10GB~90GBまで、細かくプランが分かれていて、使い切っても、データ容量の追加が可能となっています。

デメリットは、都心部では通信速度が遅いことと、速度制限があることです。また、クラウドWiFiの中でも、月額料金がたか目の設定となっている点です。

回線タイプクラウドWiFi
基本月額料金4,818円
プラン名・条件90GBプラン
3年利用時の実質月額料金4,789円
2年利用時の実質月額料金4,774円
1年利用時の実質月額料金4,734円
端末代金0円
都心下り通信速度(実測値)7.28Mbps
都心上り通信速度(実測値)7.89Mbps
郊外下り通信速度(実測値)34.25Mbps
郊外上り通信速度(実測値)6.41Mbps

月間データ上限90GB
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)44.5ms
郊外PING値(実測値)48.0ms
5G対応
端末H01
バッテリー容量3,000mAh
支払方法クレジットカード、口座振替
サイズ126×66×10mm(U3の場合)
重量125g

13位

Pocket WiFi

ワイモバイル

回線タイプソフトバンク回線
基本月額料金4,818円
プラン名・条件プラン2(ベーシック)、アドバンスオプション加入時
端末代金28,800円(割引あり)
都心下り通信速度(実測値)30.58Mbps
都心上り通信速度(実測値)10.06Mbps
郊外下り通信速度(実測値)10.91Mbps
郊外上り通信速度(実測値)2.97Mbps
月間データ上限上限なし
月額料金の安さ2.14
都心下り通信速度1.51
郊外下り通信速度1.48
重量の軽さ1.00
バッテリー容量の多さ5.00
総合2.23

Pocket WiFiがおすすめの理由

Pocket WiFiがおすすめの理由は「それなりに速度が速い」「海外データ定額サービスもある」という点です。

Pocket WiFiは、ソフトバンクの回線を使っているモバイルルーターです。実測値としては、速度は都心部で速く、郊外では遅いという特徴があります。

デメリットは、都心部では通信速度が遅いことと、速度制限が7GBと低いため、実際には使いにくいことです。また、月額料金も高めの設定でキャンペーンも少ないため、総コストの負担が大きいデメリットもあります。

回線タイプソフトバンク回線
基本月額料金4,818円
プラン名・条件プラン2(ベーシック)、アドバンスオプション加入時
3年利用時の実質月額料金5,110円
2年利用時の実質月額料金5,250円
1年利用時の実質月額料金5,649円
端末代金28,800円(割引あり)
都心下り通信速度(実測値)30.58Mbps
都心上り通信速度(実測値)10.06Mbps
郊外下り通信速度(実測値)10.91Mbps
郊外上り通信速度(実測値)2.97Mbps
月間データ上限上限なし
短期間の通信制限3日で10GB
都心PING値(実測値)49.6ms
郊外PING値(実測値)68.0ms
5G対応

端末Pocket WiFi 5G A102ZT
バッテリー容量5,300mAh
支払方法クレジットカード、口座振替
サイズ141×69×15.9mm
重量240g
月額料金の安さ2.14
都心下り通信速度1.51
郊外下り通信速度1.48
重量の軽さ1.00
バッテリー容量の多さ5.00
総合2.23
公式公式サイト

14位

データプラン50GB(データ通信)

ソフトバンク

回線タイプソフトバンク回線
基本月額料金5,280円
プラン名・条件データプラン50GB(データ通信)
端末代金66,240円
都心下り通信速度(実測値)117.00Mbps
都心上り通信速度(実測値)23.46Mbps
郊外下り通信速度(実測値)32.81Mbps
郊外上り通信速度(実測値)11.53Mbps
月間データ上限50GB
月額料金の安さ1.00
都心下り通信速度3.43
郊外下り通信速度3.74
重量の軽さ1.40
バッテリー容量の多さ3.33
総合2.58

データプラン50GB(データ通信)がおすすめの理由

データプラン50GB(データ通信)がおすすめの理由は「速度が速い」という点です。

ソフトバンクのiPadやタブレット、モバイル通信対応のパソコン、モバイルルーター向けの通信プランで、月額制限が50GBの通信サービスです。ソフトバンクの回線を使っているモバイルルーターで、通信速度は速い実績値が出ています。

デメリットは、通信制限が50GBと人によっては低めの設定であることと、キャンペーンやキャッシュバックなどがなく、ソフトバンクの家族割などの割引も対象外ですので、総コストの負担が大きいデータ通信プランとなっています。

回線タイプソフトバンク回線
基本月額料金5,280円
プラン名・条件データプラン50GB(データ通信)
3年利用時の実質月額料金7,070円
2年利用時の実質月額料金7,930円
1年利用時の実質月額料金10,375円
端末代金66,240円
都心下り通信速度(実測値)117.00Mbps
都心上り通信速度(実測値)23.46Mbps
郊外下り通信速度(実測値)32.81Mbps
郊外上り通信速度(実測値)11.53Mbps
月間データ上限50GB
短期間の通信制限制限なし
都心PING値(実測値)47.5ms
郊外PING値(実測値)34.0ms
5G対応

端末携帯端末
バッテリー容量4,100mAh
支払方法クレジットカード、口座振替
サイズ133×73×18.6mm
重量225g
月額料金の安さ1.00
都心下り通信速度3.43
郊外下り通信速度3.74
重量の軽さ1.40
バッテリー容量の多さ3.33
総合2.58
公式公式サイト

タイプ別のおすすめモバイルルーター・ポケットWiFi

使うエリアが都心部が中心の方におすすめのモバイルルーター

都心部で通信速度の速いモバイルルーターは

  • WiMAX

一択と言っていいでしょう。都心部(東京)での下りの通信速度の実測値が一番大きいからです。

WiMAX回線であれば、都心部でスムーズなインターネット環境が整います。

東京、名古屋、大阪、福岡、札幌など、外出先でインターネットを使うとしても、都心部から離れることは少なく、都心部でのインターネット回線が安定して使える方が良いという方におすすめです。

WiMAXの中で、一番コストの安い事業者を選ぶことをおすすめします。

WiMAX回線の3年利用時の実質月額料金の安いランキング

サービス名プラン名・条件3年利用時の実質月額料金2年利用時の実質月額料金1年利用時の実質月額料金端末代金
BIGLOBE WiMAXギガ放題プラスSプラン4,452円4,863円5,869円27,720円
GMOとくとくBB WiMAX4,564円4,907円5,965円27,720円
DTI WiMAXギガ放題プラスSプラン4,605円4,915円5,796円27,720円
Broad WiMAXギガ放題コスパDXプラン4,654円5,077円6,281円31,680円
カシモWiMAX縛りなしSA端末プラン4,815円5,152円6,172円3年で実質0円
UQ WiMAXギガ放題プラスSプラン5,067円5,858円6,696円27,720円

使うエリアが郊外が中心の方におすすめのモバイルルーター

郊外で通信速度の速いモバイルルーターは

  1. 楽天回線
  2. クラウドWiFi回線

の2つの選択肢があります。

  • 楽天 → 楽天モバイルのプラチナバンド
  • クラウドWiFi → ドコモ、au、ソフトバンクのプラチナバンド

が使えるため、基地局から離れても、十分な通信速度が出るため、楽天回線・クラウドWiFi回線のどちらも、郊外で力を発揮します。

地方や郊外にお住まいの方、地方や郊外で働いている方、都心部にお住まいでも、営業やイベントなどで郊外に行って、インターネットを使うことが多い方におすすめです。

基本的には

  • 楽天 → 無制限
  • クラウドWiFi →制限あり

ですので、無制限に利用したい方には「楽天回線」のモバイルルーターをおすすめします。

サービス名運営会社回線タイプ基本月額料金プラン名・条件端末代金都心下り通信速度(実測値)都心上り通信速度(実測値)郊外下り通信速度(実測値)郊外上り通信速度(実測値)月間データ上限
Rakuten最強プラン楽天モバイル楽天回線、au回線(パートナー回線)3,278円20GB以上利用時実質1円17.97Mbps23.39Mbps44.19Mbps35.72Mbps上限なし

多くの通信を必要とせずに、制限があっても、もう少しコストが安い方が良いという方は「クラウドWiFi」のモバイルルーターをおすすめします。

クラウドWiFi回線の3年利用時の実質月額料金の安いランキング

サービス名プラン名・条件3年利用時の実質月額料金2年利用時の実質月額料金1年利用時の実質月額料金端末代金
ZEUS WiFiギガ特盛100GB3,418円3,221円3,182円0円
THE WiFi100GBプラン3,472円3,301円2,814円0円(プラン解約時は月550円)
MUGEN WiFiクラウドSIMプラン3,500円3,500円3,500円0円
ホリエのWiFi4,180円4,180円4,925円2年で実質0円
縛りなしWiFi90GBプラン4,789円4,774円4,734円0円

安さでおすすめのモバイルルーター

安さを知るためには

  1. 初期費用(事務手数料・端末料金など)
  2. 月額料金
  3. キャンペーン(キャッシュバック・ポイントプレゼントなど)

を総合して、実質コストを算出する必要があります。

現時点で安さでおすすめのモバイルルーターは、楽天モバイルのモバイルルーターです。

  • 初期費用:0円
  • 端末料金:実質0円

で、月額料金も安いのですから、安さでも十分におすすめできるモバイルルーターと言えます。

クラウドWiFiの制限があるプランで調べれば、楽天モバイルよりも安いプランがありますが、制限があると、制限に達して追加でオプションを購入しなければならないなど、実際には、利用コストが上がってしまう可能性があります。

「無制限(制限なし)」で、かつ「月額料金も、初期費用も、端末料金も安い」楽天モバイルのモバイルルーターをおすすめします。

サービス名運営会社回線タイプ基本月額料金プラン名・条件端末代金都心下り通信速度(実測値)都心上り通信速度(実測値)郊外下り通信速度(実測値)郊外上り通信速度(実測値)月間データ上限
Rakuten最強プラン楽天モバイル楽天回線、au回線(パートナー回線)3,278円20GB以上利用時実質1円17.97Mbps23.39Mbps44.19Mbps35.72Mbps上限なし

ご自身の使うエリアを自分で確認したい方

ご自身のお住まいや職場などのエリアから、選ぶ場合は、以下を参考にしてください。

  • WiMAX → WiMAX回線とau回線
  • クラウドWiFi → ソフトバンク回線・ドコモ回線・au回線
  • 楽天モバイル → 楽天回線とau回線

WiMAXの対応エリア

出典:UQ WiMAX
出典:au

クラウドWiFiの対応エリア

出典:ドコモ
出典:ソフトバンク
出典:au

楽天モバイルの対応エリア

出典:楽天モバイル
出典:au

海外利用でおすすめのモバイルルーター

海外旅行や海外出張に行く機会が多い方は、クラウドWiFiをおすすめします。

クラウドWiFiは、海外で利用する際に申請は不要で、電源を入れるだけで自動的に現地のモバイル通信が可能になり、海外でWiFiが利用できる機能があります。

ただし、ルーターの電源を海外で入れると、自動的に通信が開始され、海外利用料金が発生するので注意が必要です。

クラウドWiFi回線の3年利用時の実質月額料金の安いランキング

サービス名プラン名・条件3年利用時の実質月額料金2年利用時の実質月額料金1年利用時の実質月額料金端末代金
ZEUS WiFiギガ特盛100GB3,418円3,221円3,182円0円
THE WiFi100GBプラン3,472円3,301円2,814円0円(プラン解約時は月550円)
MUGEN WiFiクラウドSIMプラン3,500円3,500円3,500円0円
ホリエのWiFi4,180円4,180円4,925円2年で実質0円
縛りなしWiFi90GBプラン4,789円4,774円4,734円0円

モバイルルーター・ポケットWiFi選びのよくある質問

Q.モバイルルーターは「無制限」と「制限あり」は、どちらが良いの?

使い方にもよりますが、基本的には「無制限」をおすすめします。

1GBデータ通信量の目安

インターネットでの行動1GBで使うデータ通信量目安
WEBサイト閲覧ニュースサイトで約3,400ページ
通販サイト閲覧通販サイトで約250ページ
地図検索約5.5時間
カーナビ約10時間
メール送受信約2,000通(添付ファイルを含めて500KB/1通の場合)
動画視聴YouTubeの邸画質(144p)で約8.5時間
YouTubeの中画質(480p)で約2時間
YouTubeの高画質(720p)で約1時間
音楽再生Spotifyの低音質で約1,000曲(1曲あたり5分とした場合)
Spotifyの標準音質で約250曲(1曲あたり5分とした場合)
Spotifyの高音質で約160曲(1曲あたり5分とした場合)
SNSLINEメッセージ:約50万通
スタンプ:約10万通
音声通話:約55時間30分
ビデオ通話:約3時間15分
Instagram投稿の閲覧:約1時間10分
動画ストーリーズ閲覧:約2時間20分
インスタライブ閲覧:約2時間50分
Xタイムライン閲覧:約4時間
動画外部コンテンツ閲覧:約3時間30分
オンライン会議Zoomカメラオフ:約24時間
カメラオン:約1時間40分
Google Meetカメラオフ:約30時間
カメラオン:約1時間40分
オンラインゲーム10時間~20時間

これを見ると

WEBサイト閲覧であれば、問題なくできますが・・・

  • YouTube:1日2時間
  • オンライン会議:1日3時間

する方であれば

  • YouTube:1日1時間 × 30日 × 0.5GB = 30GB
  • Netflixs:1日1時間 × 30日 × 0.5GB = 30GB
  • オンライン会議:1日3時間20分 × 20日 × 2GB = 40GB

→ 70GB

というデータ通信量が発生するのです。

当然、生活するうえでインターネットを使う機会は、YouTube、Netflixsオンライン会議だけではないのですから、

動画を見る機会が多い方、オンラインゲームをする方、オンライン会議が多い方であれば、月間50GBでも足らない

というのが現状なのです。

制限のギガ数が100GBとか、300GBとか、かなり制限が多いモバイルルーターもありますが、制限が大きいと、無制限のモバイルルーターよりも高い月額料金設定になることが多いので、結局のところ、「無制限」のモバイルルーターの方がおすすめとなります。

Q.SIMフリーのモバイルルーターは、何ですか?また、SIMフリーモバイルルーターのメリットデメリットを教えてください。

SIMフリーモバイルルーターとは

モバイルルーターは、スマホや携帯電話と同じく基地局から無線電波を送受信してスマホやタブレット、パソコンなど複数のWi-Fi対応機器をインターネットに接続できる小型の端末機器のことを言います。

モバイルルーターには、スマホや携帯電話と同じように、利用者を識別するためにSIMカードが搭載されています。

SIMフリーのモバイルルーターを購入すれば、格安SIMを利用することで、SIMカードを手に入れて、SIMフリーのモバイルルーターに差し込めば、モバイルルーターとして、使うことができます。

格安SIMを提供している通信会社は、大手通信キャリアの通信設備や回線を借りて営業しています。このように通信設備を所有していない通信会社のことを「」いい、設備を維持したり増設したりするコストがかからないことから大手通信キャリアよりもずっと安い価格でサービスを提供できます。そのほか、実店舗を設けずにインターネットでのみ、商品を取り扱っている通信会社が多いこともMVNOの安さの秘密です。

SIMフリーモバイルルーターのメリット

  • 格安SIMを使えば料金が安い
  • 違約金が発生しない
  • 選べるプランが多い

SIMフリーモバイルルーターのデメリット

  • 端末を自分で買う必要がある
  • サポートが存在しない
  • 通信速度が低い
  • 通信制限がある
  • キャッシュバックなどのキャンペーンがない
  • 5G対応ではない

つまり、SIMフリーのモバイルルーターは

通信速度が遅く、通信制限があるが、格安SIMを使えば月額料金を安く利用できるモバイルルーター

ということになります。

なぜ、通信速度が遅いかというと、格安SIMの回線は、ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアのメイン回線ではなく帯域制限のあるサブ回線なので、あくまでもキャリアと同等のエリアで使えるのですが、通信速度はキャリアより劣り、データ容量も一定量(20GB)を超えると割高になる設計になっているのです。

モバイルルーターとしては、SIMフリーのモバイルルーターは、本当に小さい制限であれば、料金の安さというメリットがある反面、端末料金も発生し、キャッシュバックなどのキャンペーンがないため、コスト面のメリットもそれほど大きくありません。

そのため

SIMフリーのモバイルルーターは、通信速度が遅く、コストメリットも少ないので、おすすめできない

という結論になります。